日本、チャイニーズタイペイ、フィリピン、中国がWBSC女子野球ワールドカップ2020出場権を獲得

日本、チャイニーズタイペイ、フィリピン、中国がWBSC女子野球ワールドカップ2020出場権を獲得
18/11/2019
BFA女子野球アジアカップの上位4チームが決まり、日本、チャイニーズタイペイ、フィリピン、中国がWBSC女子野球ワールドカップ2020の出場が決定した。

世界首位日本がBFA女子野球アジアカップ2019(中国)で金曜日に無敗のまま優勝をした。日本は決勝でチャイニーズタイペイを2対1で下し、その2日前には相手チームを16対1で圧勝した。

フィリピンは中国に11対1で勝利し3位についた。この上位4チームがWBSC女子野球ワールドカップ2020に出場する。

日本はワールドカップで現在6大会連覇、ワールドカップ30試合連勝記録を更新中だ。世界ランキングでも2010年から首位を保持している。