日本女子ソフトボール 今週末決勝トーナメント始まる

日本女子ソフトボール 今週末決勝トーナメント始まる
05/11/2020
11月7日から8日、JSLレギュラーシーズンの上位5チームが名古屋で決勝トーナメントを行う。収容人数の50パーセントまでの観客入場が許されている。

第53回日本女子ソフトボールリーグ(JSL)のレギュラーシーズン上位5チームが2020JSL決勝トーナメントで対決し、今週末パロマ瑞穂スポーツパークで2020王者を決定する。決勝トーナメントに出場するチームには、アメリカソフトボールのモニカ・アボットアリー・カルダジェイリン・フォード、日本のレジェンド上野由岐子、メキシコの速球投手ダラス・エスコベドなど各国の代表選手が揃っている。

5チームは決勝トーナメント初日の11月7日(土)に球場に集結する。第一試合は日本時間午前10時より第4シードのシャイニングベガと第5シードのデンソーブライトペガサスが勝ち抜き戦を行う。

午後12時30分からはトップシードのトヨタレッドテリアーズとビッグカメラBEE QUEENが準決勝を戦い、勝利チームは日曜日の決勝に進み、負けた方は敗者復活をかけて第2準決勝を行う。

土曜日の第3試合と最終試合は第3シードのHonda Revertaが第1試合のシャイニングベガ対デンソーで勝った方のチームと戦う。勝利すれば日曜日の第二準決勝に進む。決勝は午後1時の予定。

試合は全て公式JSLサイトで生配信される。