日本、夏の全国高校野球選手権大会延期の兆し

日本、夏の全国高校野球選手権大会延期の兆し
08/05/2020
日本のアマチュアスポーツ大会最大規模の全国高校野球選手権は現在8月の10日から25日に予定されている。

日本高校野球連盟は夏の甲子園の延期を考慮している。毎年日本中を沸かせ若い10代の野球選手をトップスターに変貌させる、この全国高校野球選手権は日本のアマチュアスポーツ大会として最大の規模を誇る。

The tournament is currently scheduled from Monday, 10 August to Tuesday, 25 August.
Riseisha High School claimed the 2019 title.この大会は現在8月10日月曜日から8月 25日に予定されている。履正社高等学校が2019年の優勝に輝いた

この不安定な状況は、2021年のWBSC U-18侍ジャパンのベースボールワールドカップのアジア予選代表選手の選考プロセスにも影響が出ることが予想される。

U-18 アジアベースボール野球選手権予選大会は9月6日から12日まで台湾の高雄で開催の予定だ。

夏の甲子園は1915年に設立された。2週間の決勝トーナメントは49の高校が参加し、オープン時には 55,000席を有するアジア最大のスタジアムであった、兵庫県の神戸に近い西宮の甲子園球場で1924年から行われてきた。

甲子園の名称は古代中国の干支に由来しており、各干支は一年にあたる。

日本高等学校野球連盟は47都道府県の高校野球連盟で構成されており、全日本大学野球連盟と共に日本学生野球協会を構成している。