第1週目、ジャキッシュとオスターマンがアスリーツ・アンリミテッドソフトボールシーズンをリード

第1週目、ジャキッシュとオスターマンがアスリーツ・アンリミテッドソフトボールシーズンをリード
31/08/2021
ジャキッシュは3試合で9打席7安打で首位、大会史上初のノーヒットノーランを放ったオスターマンは、8ポイント差で2位についた。

女子ソフトボールの世界チャンピオン、サバンナ・ジャキッシュは、アスリーツ・アンリミテッドソフトボールシーズンの開幕節に498ポイントを獲得し、アスリート中心のこの大会で首位についた。8ポイント遅れて3度のオリンピックメダリストでアスリーツ・アンリミテッドの前優勝者のキャット・オスターマンが2位になり、メキシコのオリンピック選手、ビクトリア・ビダレスが468ポイントで3位になった。この3人はすべては、リリアン・パイパーと共にに、第2週にそれぞれ4つのチームの主将をする。

東京2020オリンピックの合計12人のメダリストがアスリーツ・アンリミテッドに出場し、先週末は合計21人のオリンピック選手が出場した。

週末には、順位表の4人のリーダーがチームオスターマンのチームでプレーし、3試合全て勝利した。ジャキッシュ、オスターマン、ビダレス、パイパーは火曜日にそれぞれのチームをドラフトする。

オスターマンは、5奪三振、97ピッチを投げてアスリーツ・アンリミテッドの大会史初のノーヒットノーランを再現、チームヘイワードを6対1で勝利に導いた。

Facebookで第1試合がWBSCでライブストリーミングされたが、今週の土曜日の午後4時(東部時間)に第7試合が再びライブストリーミングされる。