ジャズ・チザムがバハマ生まれの7人目のMLB選手としてデビュー

ジャズ・チザムがバハマ生まれの7人目のMLB選手としてデビュー
04/09/2020
22歳のショートは、9月2日水曜日にマイアミ・マーリンズの選手として対トロント・ブルージェイズでデビューした。

バハマのナッソー生まれジャズ・チザム選手は、9月2日水曜日にマイアミ・マーリンズとしてメジャーリーグのデビューを果たした。Chisholm選手は9回で打席に立ち、マリーンズがトロント・ブルージェイズに対し2-1で負けた試合でショートのポジションを果たした。

ビッグリーグ入りを果たすまで、2015年7月にアリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約し、チザム選手はマイナーリーグベースボール(MiLB)の315試合に出場し、プエルトリコウィンターリーグの Caguas Criollos (カグアス・クリオロス)の11試合に出場した。

Jasrado Hermis Arrington、別名Jazz、Chisholmは1998年に生まれた。

.ダイヤモンドバックスは、2019年7月31日に彼をマイアミ・マーリンズにトレードし、 Zac Gallen投手を獲得した。

Chrisholm選手は、バハマ出身ででMLBデビューを果たした7人目のプレーヤーだ。彼の前にはショートのAndre Rogers(1957年4月;彼は2004年に70歳で死去)、左腕の外野手Tony Curry(1960年4月;彼は2006年に68歳で死去)、外野手Ed Armbrister(1973年8月;彼は1948年生まれ 。野球のキャリアの後、彼はバハマに戻り、カジノのディーラーとして働いた。彼は後にスポーツ省のコンサルタントになり、ジュニアナショナルチームを監督した。また、トップレベルのソフトボールプレーヤーになった。左腕投手Wenty Ford (1973年9月。彼は1980年に自動車事故で33 歳だったときに死去)、ライト・強打者のWil Culmer(1983年4月。2003年に45歳死去)およびAntoan Richardson (2011年9月、1983年生まれ、現在はサンフランシスコ・ジャイアンツの最初のベースコーチ)が存在する。

バハマ野球協会は、バハマ諸島の野球の統括機関で、現在、サミュエルE.ロジャースシニア(Samuel E. Rodgers Sr.)が会長を務める。

見出しの写真はTribune242.com提供