野球・ソフトボールの発展を目指し、ケニアが日本の一般財団法人アフリカ野球・ソフト振興機構(J-ABS)と提携を合意

野球・ソフトボールの発展を目指し、ケニアが日本の一般財団法人アフリカ野球・ソフト振興機構(J-ABS)と提携を合意
22/07/2022
「この合意は、ケニアでの競技発展に必ず大きな役割を果たすでしょう。」とケニア野球連盟のタイタス​​・ムトウィリ会長はコメントした。

ケニア野球連盟は日本の一般財団法人アフリカ野球・ソフト振興機構(J-ABS)と基本合意書(MOU)を交わした。

今回の合意は、ケニアの野球とソフトボールの発展振興に関する5年間のパートナーシップの概要を示している。

その合意の最初の事業として、ナイロビのRowallan Scouts Campでは、全国から集まった30人のコーチを対象とした2日間(7月16〜17日)のクリニックを行った。

今後の計画としては、用具の寄贈、設備投資、甲子園をモデルにした高校全国選手権の開催などがある。

「J-ABSは、ナイジェリア、ガーナ、タンザニアをはじめ、アフリカで広範な発展振興事業を行ってきました」と、ケニア野球連盟のタイタス・ムトウィリ会長はテレビのインタビューで語った。

J-ABSは現在、ブルキナファソと南スーダンでも活動している。

「この合意は、ケニアでの競技発展に必ず大きな役割を果たすでしょう。主にコーチをトレーニングし、コーチ育成を目指します。理想なのはもっと競技施設が増えることです」とムトウィリ会長は加えた。

インタビューを視聴