韓国、ドミニカ共和国にサヨナラ勝ち、オリンピック準々決勝へ

韓国、ドミニカ共和国にサヨナラ勝ち、オリンピック準々決勝へ
01/08/2021
2015 WBSCプレミア12MVPのキム・ヒョンスが9回裏にライトへのタイムリーを打ち、韓国に勝利をもたらした。

2015 WBSCプレミア12MVPのキム・ヒョンスが9回裏にライトへのタイムリーを打ち、韓国に勝利をもたらした。

日曜日の夜、横浜スタジアムでの東京2020オリンピック野球競技でキム・ヒョンスがライトにタイムリーで9回裏の3点同点の競り合いに終止符を打ち、世界ランキング3位の韓国が7位のドミニカ共和国を4対3でサヨナラ勝ちをした。

韓国の先発投手、イ・ウィリは、1アウトも取れぬ間に先取点を奪われた。エミリオ・ボニファシオとメルキー・カブレラの連打ですぐに一塁、三塁にランナーを置かれ、ボニファシオはイ・ヒョンスの暴投でボニファシオが帰還し得点した。イ投手はフリオヤメル・ロドリゲスとホセ・バティスタを三振で倒し、ホアン・フランシスコの飛球でトラブルから抜け出した。

.一回裏、韓国はパク・ヘミン、カン・ベクホ、イ・ジョンフの最初の3打者がシングル、ダブル、四球で満塁の得点機を作る。キャッチャーでクリーンナップのヤン・ウィジがライトに犠牲フライを放ち、一点を返した。ドミニカの先発投手、ラウル・バルデスは、ダメージを挽回するために次の2人の打者を三振に伏せた。

 4回表、走者一名、ホアン・フランシスコはイの球を叩くと、打球がセンターのスコアボードに直撃するのを眺めていた。このフランシスコの特大弾は、彼のチームにとって東京2020オリンピック最初の本塁打だった。

 ドミニカ共和国の先発投手バルデスは5.1イニング111球を投げ、7被安打と1失点、3四球、5奪三振を記録した。

デニイ・レイエスは6回に2アウト、ダリオ・アルバレスとホセ・ディアスは7回と8回にピッチングを行い、2得点リードを維持し、金曜日対メキシコでドミニカ共和国に勝利しセーブを記録したルイスフェリペ・カスティジョに試合を託した。

しかし、右腕投手は勝利を確実にすることができなかった。彼は代打のチェ・ジュファンに先頭でシングルをとられ、その後ヘミン・パクがレフトへの適時打で1点差に迫った。イ・ジョンフは左サイドにタイムリー二塁打で試合は同点。最後に1アウト後、キム・ヒョンスのライトへのサヨナラ打で勝ちを決めた。

勝ち投手はオ・スンファン(韓国の5番目のリリーフ)で、9回にわずか6球で三者凡退で仕留めた。

韓国は、月曜日の正午(JST)にイスラエルとの準々決勝に進む。ドミニカ共和国は、韓国対イスラエル戦の敗者と敗者復活戦を行う。