韓国プロ野球リーグKBOがWBSC国際/オリンピック規則に沿ってルール変更

韓国プロ野球リーグKBOがWBSC国際/オリンピック規則に沿ってルール変更
02/03/2021
変更は、4月3日土曜日に始まる2021シーズン開幕から有効となる。

韓国野球機構(KBO)のルール委員会は2月19日、韓国代表チームが2008年の金メダル連覇を目指す、この夏の東京オリンピックのWBSCの国際ルールに準拠するためにいくつかのルール変更を決定した。

最大の変化は、ピッチャーの巻き上げ動作(ワインドアップ)だ。新しいルールによると、ピッチャーは後ろ足をピッチングラバーの上に完全に置く必要はない。彼は足の一部だけで触れていればよいことになる。

関連記事

- チョン・ジテク氏が新しいKBO総裁に選出される 

- 元 MLBオールスターの秋 信守(チュ/シンス)が38歳でKBOデビュー オリンピック出場を狙う 

- KBO: NC ダイノスが斗山ベアーズを6試合で破り、韓国シリーズでチーム初優勝

-  キム・ギョムン氏が東京2020の韓国代表チームの監督に決定

- Watchオリンピック野球再配信シリーズ北京2008最後の金メダル決定戦 キューバ対韓国

ボールが地面に落ちる前にキャッチャーの手やミットに当たった場合でも、ボールはファウルチップと見なされる。

プレーヤーが着用するネックレスやブレスレットは、プレーヤーの体の一部とは見なされない。

ランナーの守備的妨害によりサードアウトがコールされた場合、打者はもう打席にもどれない。

ホームプレートでの衝突の場合、キャッチャーを保護するルールは、ホームをカバーする他の野手をも保護する。

ピッチャーは、バッターの視界を妨げる可能性のある灰色や白などの色のアンダースリーブを着用することは禁止される。

新しいルールは2021シーズンから有効。レギュラーシーズンは4月3日に開幕し、東京オリンピック期間中は3週間の休みになる。


Tokyo 2020 – Olympic Baseball