フェルナンド・タティス監督は、6月のオリンピック野球予選に向けて、40人の選手をドミニカ共和国のキャンプに選抜

フェルナンド・タティス監督は、6月のオリンピック野球予選に向けて、40人の選手をドミニカ共和国のキャンプに選抜
07/04/2021
元スターのタテイス監督は、MLBの豊富な経験を持つ選手を含む40人の選手を代表チームキャンプに選抜した。

ドミニカ共和国代表野球チームの監督、フェルナンドタティス氏は、次のオリンピック予選のチームの監督として、4月8日木曜日に始まるトレーニングキャンプに40人の選手を選抜した。

タティス監督と世界第10位のドミニカ共和国は、今年6月にフロリダで開催されるWBSC野球アメリカ予選を通じて、東京オリンピックへの出場を目指している。

ドミニカ代表チームのロースター入りを争う選手には、大リーグベースボール(MLB)の内野手 Juan Francisco、Gustavo Núñez、Emilio Bonifacio、 Alen Hanson 、外野手 Melky Cabrera や Carlos Pegueroなどの選手が含まれる。投手陣のLisalverto Bonilla, Jairo Asencio, Jhan Mariñez, Edgar García, Darío ÁlvarezもMLBの経験がある。

ドミニカ共和国代表チームに選抜された選手は以下の通り

投手 (23) Jairo Asencio, Edward Reyes, Jesús Liranzo, Edgar García, Darío Álvarez, Jhan Maríñez, Mauricio Cabrera, Merandy González, Olbis Parra, Leuris Gómez, Ramón García, Román Méndez, Luis Santos, Marcos Molina, Lisalverto Bonilla, Franco Terrero, Carlos Ramírez, Alfredo Simón, Daury Torrez, Michael Ynoa, Marlon Arias, Alexis Candelario, Pedro Vázquez.

捕手(3) Jhon Núñez, Eric González, Eduardo de Óleo

内野手(8) Juan Francisco, Luis Valenzuela, Diego Goris, Luis González, Gustavo Núñez, Miguel Gómez, Alen Hanson, Carlos Franco

外野手 (6) Emilio Bonifacio, Jimmy Paredes, Melky Cabrera, Anderson Féliz, Yefri Pérez, Yeison Asencio

選手たちは、サントドミンゴのキスケーヤ・ファンマリシャルスタジアムで週に2回トレーニングをする。

オリンピック予選を兼ねた2019WBSCプレミア12で、ドミニカ共和国は12チーム中7位で終わった。

タティス監督の経歴

46歳のタティス監督は1997年から2010年までメジャーリーグベースボール(MLB)でプレーしていた。彼は、セントルイスカージナルスでプレーしている際の1999年4月23日に同じイニングで2本の満塁ホームランを打った唯一のプレーヤーとなった。同日、一イニングで8打点を記録した。

彼はワールドベースボールクラシック2009でドミニカ共和国を代表した。

タティスは、2018年と2019年のシーズンにボストン・レッドソックスの監督を務めたた。

彼の長男でスーパースターのフェルナンド・タティスジュニアはサンディエゴ・パドレスでプレーし、2021年シーズンの前に、3億4000万米ドル相当の14年間の契約に署名した。

関連記事

- Mike Scioscia to manage the United States

- プエルトリコが東京オリンピック予選突破に東京オリンピック予選突破に向け合宿開始  Juan Gonzalez 監督はチームに自信

- 東京への道 WBSCアメリカ大陸予選ベネズエラ代表の監督にホセ・アングアシル

- WBSCオリンピック野球予選はフロリダと台湾の台中で6月に開始