メキシコ・パシフィックリーグ クリアカンとエルモシージョが決勝シリーズで対決

メキシコ・パシフィックリーグ クリアカンとエルモシージョが決勝シリーズで対決
22/01/2021
今回の決勝シリーズは「The Classic(ザ・クラシック=名チーム同士の戦い)」と呼ばれている。エルモシージョは過去16回優勝、クリアカンは12回優勝している。

トマテロス・デ・クリアカン とナランヘロス・デ・エルモシージョがメキシコパシフィックリーグ (LMP, Liga Mexicana del Pacifico)のタイトルをかけて対決する。

プレーオフではクリアカンはヤキス・デ・オブレゴンに勝ち、エルモシージョはスルターネス・デ・モンテレイを破った。両チームとも7戦4先勝で4勝2敗で準決勝シリーズを勝ちぬいた。

決勝シリーズはリーグ史上最多勝利のチーム同士が戦うため、地元メディアでは「 El Clasico (The Classic) 」と呼ばれている。これまでエルモシージョは16回、クリアカンは12回優勝している。

両チームが決勝で初めて対決したのは1979–1980シーズンの終わりで、エルモシージョがシリーズを4勝2敗で制した。1982–1983と1996–1997ではどちらもクリアカンが4勝2敗で勝利し、1994-1995最終シリーズではエルモシージョが4勝2敗で勝利している。

試合日程詳細

  • 第1試合 1月22日(金)Culiacan @ Hermosillo
  • 第2試合 1月23日(土)Culiacan @ Hermosillo
  • 第3試合 1月25日(月)Hermosillo @ Culiacan
  • 第4試合 1月26日(火)Hermosillo @ Culiacan
  • 第5試合 1月27日(水)Hermosillo @ Culiacan
  • 第6試合 1月29日(金)Culiacan @ Hermosillo
  • 第7試合 1月30日(土)Culiacan @ Hermosillo

クリアカンの外野手Sebastian Elizalde (写真上) は2020-2021シーズンのMVPとして決勝利シーズに進む。レギュラーシーズンでは46試合出場、11本塁打。45打点、打率.282をマークした。

関連記事
・ プエルトリコプロ野球リーグ最終シリーズ開幕 Caguasが白星発進                                    ・アメリカ大陸でウィンターリーグが開幕                                   ・ Gigantesが6試合でニカラグアプロ野球リーグを制覇                                   ・ コロンビアプロ野球リーグ最終シリーズが1月16日より開幕