MLB  アーロン・ジャッジがロジャー・マリスのシーズン最多61本塁打のタイ記録達成

MLB  アーロン・ジャッジがロジャー・マリスのシーズン最多61本塁打のタイ記録達成
29/09/2022
ロジャー・マリス・ジュニアの面前で母親のパティにHRボールを贈ったジャッジは、「ヤンキースの偉大な選手の1人と並べて非常に光栄です」とコメントした。

ニューヨーク ヤンキースのアーロン・ジャッジが2022 年シーズン 61号の本塁打を放ち、ア・リーグ史上シーズン最多60本塁打を超えた元ヤンキースの偉大なロジャー マリスと並んだ。

メジャー リーグ ベースボール (MLB) のシーズン最多本塁打記録を達成したのは、サンフランシスコ・ジャイアンツで 2001年シーズンに73本を打ったバリー ボンズだ。

ナ・リーグで 61本塁打を超えたのは、マーク・マグワイア (1998年70 本、99年65本 - セントルイス・カーディナルズ) とサミー・ソーサ (98 年66 本、01 年 64本、99年63本 -シカゴ・カブス)。

トロントのロジャース センターで行われたこのブルージェイズとの試合ではヤンキースが8-3で勝利した。この7 回でジャッジがブルージェイズの左利きの救援投手ティム・メイザから61号を放った。ジャッジのこの日唯一のヒットだった。

ジャッジはMLB.comに対し、「ヤンキースの偉大な選手の1人と並ぶことができて、信じられないほどの名誉だ」と語った。「彼らと永遠に肩を並べられるなんて、言葉になりません。これはヤンキースや、これまで正しく道を切り開いてきた全ての選手たちにとっても非常に特別なことの1つだと思います」

MLB.com が報じたところによると、このホームランボールは200 万ドルもの価値があるとされる。トロントのブルペンを見下ろすセクション137 の最前列に座っていた 2 人のファンがボールを捕らえようとしたが、ボールはすぐ下の壁にぶつかった。ピッチングコーチ、マットブッシュマンがボールを回収すると、トロントのクローザー、ジョーダン・ロマーノに手渡された。

ジャッジはロジャー・マリスジュニアの目の前で母親にホームランボールをプレゼントした。

マリス (1934-1985) は、1961シーズンの最後の試合で 61本目の本塁打を記録。 1927年154 試合でベーブルースが 60本塁打を放ち、マリスは1961年154 試合で59本塁打を放ったが、彼の記録の正当性については長年に渡って論争が繰り広げられた。

ジャッジは第154試合目ではベーブ・ルースと並び、第155試合目で 61号を記録した。

彼は9月30日(金)の試合から62号を目指す。

ジャッジは、本塁打 (61) と打点 (打点、130) で現在 MLB 首位、打率 (.313) ではア・リーグ首位に立っており、シーズン残すところ後7試合でア・リーグの三冠王も射程圏に入った。

MLB史上、12 人の選手がリーグの三冠を達成。ジャッジが達成すれば、ルー・ゲーリッグとミッキー・マントルに続く3番目のヤンキース選手となる。

アメリカン・リーグで三冠を達成した最後の選手は、2012 年ミゲル・カブレラ (デトロイト タイガース) だった。

野球史上、打率、本塁打、打点で MLB三冠を達成したのは、ロジャー・ホーンズビー (カージナルス、1925 年)、ゲーリッグ (1934 年)、テッド・ウィリアムズ (ボストン レッド ソックス、1942 年)、マントル (1956 年) だけ。

現在フレディ・フリーマン (ジャイアンツ) は打率.327、ジェフ・マクニール (メッツ) は打率.320につけており、ジャッジにとって三冠王達成はハードルが高い。