クリーブランド・インディアンズのOscar Mercados選手:「COVID-19のパンデミックは深刻です。家にいてください」

クリーブランド・インディアンズのOscar Mercados選手:「COVID-19のパンデミックは深刻です。家にいてください」
05/05/2020
26歳のコロンビアの大リーグ外野手は、母国語スペイン語(英語の字幕)のビデオを通じてファンに呼びかけた。

世界がCOVID-19との戦いを続ける中、コロンビアの大リーグのOscar Mercado 選手は最近、ソーシャルメディアを利用してファンに呼びかけた。

Mercado選手はパンデミックを「深刻な状況」と呼び、コロナウイルスの蔓延を克服するためには誰もが「果たすべき役割」を持っていると呼びかけた。ビデオ投稿では、ファンに、国の安全に関する各指示に従って、#StayHome、家にとどまることを勧めた。

セントルイスカージナルスは2013年にMercadoをドラフトした。彼は2017年ワールドベースボールクラシックでコロンビアを代表し、この大会の後、AAスプリングフィールド・カージナルスに昇進した。

Mercado選手は、2018シーズンの前にカーディナルスの40人の名簿に追加された。セントルイスがクリーブランドインディアンズと彼をトレードしたとき、彼はAAAレベルで試合しており、AAAで2019シーズンを開始後、昨年5月にメジャーリーグチームに昇格した。

Mercado選手は、2019年のキャンペーン中にクリーブランドのために115試合に登場し、主にセンターだが全ての外野ポジションでプレーした。彼は15のホームランと54打点をたたき出し、打率.269を記録した。彼はまた15の盗塁を記録している。

Mercado選手 は、1994年に野球好きで有名なコロンビアのカルタヘナ・デ・インディアスで生まれた。彼と彼の家族は、7歳のときにアメリカに移住し、彼はフロリダ州ノースデールのゲーサー高校で野球をはじめた。その後、フロリダ州立大学で大学野球に専念した。