モニカ・アボットが日本プロソフトボールリーグを今季限りで引退

モニカ・アボットが日本プロソフトボールリーグを今季限りで引退
05/10/2022
ベテラン左投げ投手のアボットがJD リーグでのプレーを今季限りにすることを発表した。

オリンピック銀メダルに2度輝き、世界選手権大会で4度優勝したモニカ・アボットが日本プロソフトボールリーグのJDリーグでのプレーを2022シーズンで最後にすることを発表した。14年間トヨタ・レッドテリアーズでプレーした。

アボットは日本のプロソフトボールで素晴らしいキャリアを築き、レッド・テリアーズを6度のリーグ・タイトル獲得 (2010、2011、2012、2014、2016、2018) に導き、  MVPに4度(2010、2011、2012、2016、2018 年) 選出された。

「2022 シーズンは、トヨタ レッド テリアーズで日本でソフトボールをプレーする最後の年になります。私の物語の最終章を一緒にお祝いしていただくべく、皆さまに球場にお越しいただきたいと思います」と、アボットは自分のインスタグラム アカウントに投稿した。 

アボットの投稿には、ヘイリー・マクレニー、キャット・オスターマン、えりか・ピアンカステッリ、ナターシャ・ウェイトリー、ダラス・エスコベド、ジェイニー・リード、エレン・ロバーツ、ベロニカ・ペツコヴァなど、彼女とフィールドを分かち合った世界最高の選手たちがコメントを投稿した。

カリフォルニア州サリナス生まれのアボットは、輝かしいキャリアの中で多くの称賛を受けてきた。彼女は 2008年北京オリンピックと 2020年東京オリンピックで銀メダルを獲得し、北京でのオランダ戦では 5イニング完全試合を記録。東京 2020オリンピックではベストナインにも選ばれた。

アメリカでは、 ナショナルプロ・ファストピッチ (NPF) で5回優勝、 MVPを4回を獲得。大学ソフトボールでも複数の個人記録を保持している。