代表チームで活躍した鈴木やピーター・クロウ=アームストロングが選手賞

代表チームで活躍した鈴木やピーター・クロウ=アームストロングが選手賞
03/05/2022
WBSCプレミア12のMVPでオリンピック金メダリストの鈴木誠也(写真上)はナ・リーグの月間最優秀新人賞、U-18ワールドカップでベストナイン(中堅手)ピーター・クロウ=アームストロングはマイナーリーグベースボールの週間選手賞に選ばれた。

国を代表したスター選手たちが最近また大きな活躍で賞を獲得している。

2019年に国際大会で大活躍した日本の鈴木誠也とアメリカのピーター・クロウ=アームストロングが最近優秀選手に選ばれ、メディアの見出しを飾った。

WBSCプレミア12MVPで2020オリンピック金メダリストの鈴木は4月のナ・リーグ月間最優秀新人賞に選出された。シカゴ・カブスの鈴木は4本塁打を含む19安打、14打点、13得点。

日本のスラッガー鈴木はこのシーズン幕開けから連続9安打をマークし、4月11日から17日までの週のナ・リーグ週間MVPにも選ばれた。ピーター・クロウ=アームストロングはマイナーリーグベースボール (MiLB)の週間選手賞の一人に入った。

アームストロングはWBSC U-18野球ワールドカップ2019で目覚ましい運動能力の高さを披露した選手の一人だった。

銀メダルを獲得したアメリカ代表のアームストロングは WBSC U-18オールワールドチーム(ベストナイン)の中堅手に選ばれた。

ニューヨーク・メッツはアームストロングを2020年にドラフト19位で指名し340万米ドルで契約した。しかし新型コロナウイルスの感染拡大の影響でその後アームストロングはプレーできなかった。

そして不運にも2021シーズンは右肩の故障から手術でシーズンを終え、シーズン終わりにメッツは彼をシカゴカブスとトレードした。

ピーター・クロウ=アームストロングは現在Aレベルでプレーしている。マイナーのマートルビーチ・ペリカンズで17試合(センター14試合、指名打者3試合)出場、88打数26安打(打率.382)、3本塁打、4打点。10四球、残塁率.482をマークした。

関連記事
- 鈴木誠也がMLBデビュー
- ピート・クロウ=アームストロング WBSC U-18ワールドカップの立役者がプロ春季キャンプに選抜