オランダ連盟 ベースボール5はオランダ野球ソフトボールにとって「大きなチャンス」

オランダ連盟 ベースボール5はオランダ野球ソフトボールにとって「大きなチャンス」
01/03/2021
オランダ野球ソフトボール連盟の娯楽競技部門のCorinne Van de Griendt氏がオランダ国内のベースボール5導入を担当している。

ヨーロッパの野球ソフトボール強豪国オランダの統括連盟はベースボール5が国内の競技にもたらした影響について語った。

オランダ野球ソフトボール連盟 (KNBSB, Koninklijke Nederlandse Baseball en Softball Bond) は、チェコのプラハで行われたコーチ向けのWBSCヨーロッパセミナーに出席したあと、2018年にオランダ国内にベースボール5を導入した。

「 私たちはすぐにベースボール5に夢中になりました。」とKNBSBの娯楽競技部門の Corinne Van de Griendt氏はWBSCに語った。「 都市部の若者達の間でこの競技は大きく成長するだろうと確信しました。」

関連記事
WBSCが2021–2029年のベースボール5ワールドカップ 大会日程を発表
- WBSC執行役員会でベースボール5ワールドカップについて決議
- フランスとリトアニアが新設ベースボール5ワールドカップ出場権獲得
- ユースオリンピックが2026年に延期
- 2020年レビュー ベースボール5が新たな市場を開拓

ベースボール5振興活動は自治体、学校、野球ソフトボールクラブの三つが柱となる。

「提携パートナーBold & Beautifulと共に、私たちはこれから数年間でオランダ国内でベースボール5を発展させる明確なプランを持ったマーケティングキャンペーンを企画しています。 関係者や子供達に紹介する振興発展ツールも考えています。例えばオランダ国内用ベースボール5の公式サイト(Playbaseball5.nl )の立ち上げ、ボール、ルールガイド、ホームプレート、フィールドを描くためのクレヨンなどのベースボール 5キットなどを考えています。」と語った。

KNBSB は20都市に支部がある。これらの支部は地元の学校にベースボール5を導入するため、パンフレットの作成、初心者用の役に立つドリル練習カード、審判員のためのコースなどを提供する。KNBSBはまた移動可能なフィールドなども提供する。

「野球・ソフトボールクラブにもベースボール5を紹介しました。」とVan de Griendt氏は加えた。「室内外で一年中プレーできるこの競技はオランダ野球ソフトボール界にとって大きなチャンスです。」

ベースボールは野球ソフトボールへのきっかけとなるでしょうか。それとも全く別のスポーツとして成長するでしょうか

「 どちらのチャンスにもなると思います。選択が広がることは素晴らしいし、今まで野球ソフトボールでは開拓できなかった新たなターゲットグループに到達できます。そこから新しい選手がクラブに入ったり、野球やソフトボールにシフトするかもしれません。」

KNBSBはベースボールファイブ都市ツアーも計画している

「オランダの主要都市を巡回して人口の密集した場所で短期間ベースボール5のフィールドを作り、幅広い観客にこの競技を紹介したいと考えています。この都市ツアーを通してターゲットの子供たちに紹介することができるので、現在このツアーを成功させるためのスポンサーや提携企業を探しているところです。」 

KNBSBは現在体育の授業でベースボール5を紹介するため、この競技が子供たちに生き生きと活動させたり、スポーツを楽しませたりする機会になると地方自治体にもアプローチしている。

「私たちは地方自治体に公園や街中にベースボール5のフィールドを作るよ呼びかけ、いつでもどこでもプレーできるようにしたいと考えています。」とVan de Griendt氏は加えた。

オランダはリトアニアで行われた第1回ベースボール5ヨーロッパ選手権大会に出場し、5位に終わった。

「まだベースボール5の大会プログラムはありません。しかしオランダのような野球ソフトボール国がベースボール5の大会を持たないわけにはいきません。多くの国を巻き込めば楽しいと思います。そしてヨーロッパ選手権大会によってベースボール5は新たな年齢層に到達できることを証明したいと思います。将来的には主要国際大会にももちろん出場する意向です。」


Baseball5