今年最初のソフトボール国際親善試合 オランダがドイツに勝利

今年最初のソフトボール国際親善試合 オランダがドイツに勝利
13/07/2020
ヨーロッパ近隣2カ国オランダとドイツが7月12日(日)ドイツのケルンでダブルヘッダーの親善試合を行った。

世界ランク32位ドイツが9位オランダを日曜日にケルンに迎え、親善試合2試合を行った。COVID-19パンデミックで見送られていたが、これが今年度最初の女子ソフトボール国際試合となった。オレンジ色のユニフォームのオランダが9対1と12対2で2試合ともドイツを一掃した。

代表チーム同士の試合は 3月にニュージーランドのパーマストンノースで行われた2020 WBSC U-18男子ソフトボールワールドカップ決勝日本対オーストラリア以来のことになる。

ドイツとオランダ来年のヨーロッパ女子ソフトボール選手権に向けて調整中だ。同大会はイタリアのフリウリ・ベネチア・ジュリア州で7月4日から10日に開催予定。この大陸大会で優勝したチームがワールドゲームズ2022バーミンガムへの出場権を獲得できる。

オランダは2019ヨーロッパ選手権大会では2位、ドイツは10位に終わった。

写真提供 Sascha Schneider