ドイツのU-18ベースボール代表チームに新しい監督Georg Bull(ゲオルク・ブル)氏が就任

ドイツのU-18ベースボール代表チームに新しい監督Georg Bull(ゲオルク・ブル)氏が就任
28/11/2020
56歳の新監督は、2002年から野球アカデミーを運営しており、2019年にはドイツの歴史に残るU-15ヨーロッパ野球選手権大会に導いた。

ドイツ野球ソフトボール連盟(DBV、Deutschen Baseball und Softball Verbandes)は、GeorgBull氏が国内でトップの若い才能を誇るドイツU-18ベースボール代表チームの監督に就任した事を発表した。

ドイツはヨーロッパでU-15の年齢層のリーダーに成長し、ヨーロッパ選手権大会で3大会連続優勝を遂げている(2015,2017,2019)

「この成果により、私たちの計画を青少年プログラム全体に拡大することができました。」と、DBV会長のJuergen ELSISHANS(ユルゲン・エルシシャンス)氏はコメントした。「私たちはこの仕事を非常に信頼できる人に託すことが出来ました。ゲオルク・ブル氏の経験がドイツでの選手育成を後押しすると確信しています。」

56歳のBULL氏は、2002年からU-12およびU-15野球アカデミーを運営しており、彼はChristopher Howard氏の後任だ。

「この機会を心から楽しみにしています。」と ブル氏は語った。「これは私にとって本当にわくわくする任務です。私に対するDBVの信頼に心から感謝しています。」

U-18ドイツ代表チームは、WBSC U-18 野球ワールドカップの予選である次の欧州選手権に出場する。