パレスチナ野球ソフトボール連盟が独立団体として設立

パレスチナ野球ソフトボール連盟が独立団体として設立
08/03/2021
Ahmed Tafesh氏が2024年まで会長をつとめる。Mahmoud Tafesh氏はCEOに就任した。

パレスチナオリンピック委員会は、公式的にラケットスポーツ連盟の支部に籍を置いていたパレスチナ野球ソフトボール連盟を新たな独立団体として承認した。

理事には副会長Mohammed Ziad Al-krunz氏、事務局長Adel Eleyan氏、その他の理事はHussein Mahmoud Saqallah氏、Jumana Soliman Shahin氏、Nada ata Al-areeni氏。

関連記事
- WBSCがガザ地区への野球ソフトボール導入を支援
- Mahmoud Tafesh氏がパレスチナでU-15リーグを設立
- ガザ地区ではベースボール5が人気
- ガザ地区の野球カップに8チームが出場
- 連盟特集 パレスチナで野球ソフトボール誕生

ガザ地区に野球、ソフトボール、ベースボール5を導入したMahmoud Tafesh氏はCEOに就任した。

野球ソフトボールの世界的な成長を示すかのように、パレスチナでは5人制競技のベースボール5が起爆剤となってパレスチナでも競技の人気が高まっている。