NPB勝利数トップ山口がグループB開幕投手

NPB勝利数トップ山口がグループB開幕投手
04/11/2019
プレミア12 グループBが明日より台湾・台中で開幕。日本はベネズエラと、開催国のチャイニーズタイペイはプエルトリコと対決する。

【台湾・台中】明日11月5日18時より台湾の桃園国際野球場で行われる世界首位日本と9位ベネウエラの試合で、2019WBSCプレミア12®グループBが開幕する。日本プロ野球(NPB)の2019シーズンで勝利数トップだった読売ジャイアンツの山口俊(セ・15勝4敗、2.91 ERA)が日本の先発、対するベネズエラは元メジャーリーガーのFelix Antonio (メキシコリーグ、8勝6敗、 4.58 ERA) が先発登板する。2015年WBSCプレミア12ではオープニングラウンドで日本がベネズエラを6対5で下した。

台中インターコンチネンタル野球場で18時30分からはじまる試合では、グループB開催国で世界ランク4位のチャイニーズタイペイが先発Shao-Chingを世界ランク11位プエルトリコのFernando Cruzと対決させる。Chiangはクリーブランド・インディアンズ傘下の投手で、2019年シーズンはコロンブス・クリッパーズで5勝5敗、5.15 ERAの成績だった。Fernando Cruzは現在プエルトリコ・ウィンターリーグでプレーしており、今回プレミア12初出場を果たした。チャイニーズタイペイはプエルトリコと最後に対戦したのは2015年プレミア12で、プエルトリコはチャイニーズタイペイに7対4で勝利し、チャイニーズタイペイを敗退させた。