パキスタン野球連盟、COVID-19で生じうる影響についての懸念

パキスタン野球連盟、COVID-19で生じうる影響についての懸念
05/05/2020
PFBのSyed Fakhar Ali Shah会長は、選手達が物資の不足に苦しむことを恐れ、パキスタン政府に援助を求めた。

パキスタン野球連盟(PFB)のSyed Fakhar Ali Shah会長は、元国際クリケットのスターである Imran Khan首相とパキスタン政府に、国のスポーツ連盟に COVID-19パンデミックに対処するための特別救援パッケージを迅速に提供するよう救済を求めた。

支援がなければ、PFBの代表者は、近年 幾つかの中間目標をクリアしてきたパキスタン野球の発展が深刻なダメージを受ける可能性があると考えている。

さらに、PFBの役員は、食料や用具などの物資が不足しているため、選手達が苦しむ可能性を心配している。

選手達は連盟から家にいるように指示されている。ロックダウンへの対応として、PFB認定のコーチ達はオンライントレーニングのセットアップと調整に取り組んでいる。

現在 WBSC野球世界ランキング で27位のパキスタンは、ワールドベースボールクラシック予選に招待されていたが、現在予選大会は無期限に延期されている。