パキスタン代表野球チームが2022年アジア競技大会で出場権を獲得

パキスタン代表野球チームが2022年アジア競技大会で出場権を獲得
20/05/2021
パキスタン連盟会長のサイード・ファカール・アリ・シャー氏は、「これで4回連続の参加となり、それを非常に誇りに思う。」と語った。

パキスタン野球連盟(PFB)は、パキスタン代表野球チームが中国の杭州で開催される2022年アジア競技大会の出場権を獲得したと発表した。

「これで4回連続の参加となり、それを非常に誇りに思う。」と連盟会長のSyedFakhar AliShah氏は語る。

パキスタ野球連盟会長は、国内で野球レベルアップの鍵は、専用の野球場が必要であるという。

「私たちの活動はサッカーやクリケット場で行われているのです。」と彼は言う。

PFBはまた、米国のインストラクターBrian Cory Furches氏が6月12日から21日までラホールのバーリア野球アカデミーに参加し、パキスタンの若い野球選手を指導すると発表した。

関連記事
- パキスタンの野球人口増加で、史上初の野球場建設に一歩近く
- 世界に広がる野球 パキスタンの標高2228メートルの山地で親善試合
- パキスタン 野球が教育委員会で導入され全国の学校で実施
- Pakistan Baseball Federation opens Youth Academy
- Pakistan Federation opens Women's Baseball Academy