パキスタンは新アカデミー開校でユース野球をサポート COVID-19シャットダウンを跳ね返す

パキスタンは新アカデミー開校でユース野球をサポート COVID-19シャットダウンを跳ね返す
22/07/2020
COVID-19パンデミックにより野球活動が中断していたが、パキスタン連盟はこれまで築き上げてきた発展を衰退させないよう対策に取り組む。

パキスタン連盟(PFB)はCOVID-19ロックダウン中もユースの振興発展を支援していく。

世界的なパンデミックが広がる前、野球はパキスタンの学校や大学でプレーされていた。現在PBFの幹部らはCOVID-19の脅威のため中断を勧告したが、このままではこれまで築き上げてきた野球の発展が衰退してしまいかねない。

そこでPFBのSyed Fakhar Shah会長は若い選手たちが資格あるコーチたちの指導のもと練習できるよう一連のアカデミーを開校する提案をした。

このプロジェクトの目的はパンシャーブ州、バルーチスターンとシンドに新アカデミーをオープンすること。第1アカデミーは3ヶ月内にオープンする予定だ。このプロジェクトはPBFのShaukut専務理事がコーディネートする。

Fakhar Shah会長はまた球団や選手たちに野球練習施設を開けるよう奨励し、PFBが用具の提供やコーチの派遣などのサポートを行う意向だ。