日本で人気の選抜高校野球大会が3月19日に開幕

日本で人気の選抜高校野球大会が3月19日に開幕
11/03/2021
この全国大会には侍ジャパンU-18代表チームに入る選手たちが活躍する。

日本高校野球連盟の選抜高校野球大会が3月19日甲子園球場で開幕する。

この春の選抜甲子園大会に出場するチームは秋の県大会に出場しているチームだが、最終的な出場校は高校野球連盟が決定する。出場チーム数は32校。

関連記事
- 2021 WBSC U-18野球ワールドカップ予選のアジア選手権大会中止のため韓国、チャイニーズタイペイ、日本がワールドカップ出場決定
- WBSCが2021年U-18 野球ワールドカップの開催地をアメリカに決定
- U-18 野球ワールドカップ2019の決勝でチャイニーズタイペイがアメリカに勝利 SNSで爆発的話題
- 2019年レビュー U-18 ベースボールワールドカップ Loの活躍でチャイニーズタイペイの優勝でアメリカ連覇記録ストップ

8月に行われる全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)は全国レベルの高校野球大会で、6月と7月に行われる県予選を勝ち抜いた49チームが出場する。2020年大会はCOVID-19の影響で中止となった。

2021年春のこの選抜大会には侍ジャパンU-18代表チームに入る選手たちが活躍する。

地元メディアによると 世界に出場する13名が既に国際大会の経験を持つ。投手樋上颯太、古川秀弥、本田峻也、捕手の坂玲哉、外野手の花田旭、小畠一心などは日本代表としてWBSC U-15 野球ワールドカップ2018に出場し4位獲得に貢献した。 

アジア野球連盟(BFA)は第13回BFA U-18アジア野球選手権大会を中止した 。第12回BFA U-18 野球選手権大会で3位だった日本は WBSC U-18 野球ワールドカップ2021の出場権を獲得した。

そのほかアジアからワールドカップに出場するのは全体会で1位だった韓国と2位の チャイニーズタイペイ。


U-18 Baseball World Cup