プレミア12の筒香嘉智が故郷和歌山に野球場建設

プレミア12の筒香嘉智が故郷和歌山に野球場建設
19/01/2022
「子供たちが本当の意味で野球を楽しみ、成長できる環境の必要性を感じ、自分なりに発信をしてきましたが、その思いを実現するために故郷の橋本市にスポーツアカデミーを作ることを決断しました」とYahooニュースは筒香のコメントを掲載した。

WBSCプレミア12にも出場した筒香嘉智が故郷の和歌山に2億円を投資して少年野球チームのための球場を建設する。

この新球場「TSUTSUGO SPORTS ACADEMY」は、内外野天然芝生の本球場と内野のみのサブグラウンド、さらに室内練習場を併設する予定。筒香は将来この橋本を拠点にする少年野球チームの創設プランもあるという。

筒香は「ベイスターズ時代から子どもたちが本当の意味で野球を楽しみ、成長できる環境の必要性を感じ、自分なりに発信をしてきました。その思いを実現するために故郷の橋本市にスポーツアカデミーを作ることを決断しました」とYahooニュースは筒香のコメントを掲載した。

筒香は日本プロ野球(NPB)では2010年から2019年まで横浜DeNAベイスターズで活躍した。

WBSC プレミア12 2015では侍ジャパンの左翼手として5試合、DHとして3試合に出場した。26打数10安打、打率 .385。

2017ワールドベースボールクラシックにも出場しB組MVPに選ばれた。