フラッカーリ会長 プレミア12はさらなる成長の踏み台

フラッカーリ会長 プレミア12はさらなる成長の踏み台
19/11/2019
WBSC執行役員会の開会のスピーチで、リッカルドフラッカーリ会長はプレミア12を振り返り、プレミア12が世界中の野球とソフトボールの更なる発展に貢献できることを強調した。

【日本 大阪、堺】「プレミア12は目覚ましい成功を収めました。」WBSCのリッカルドフラッカーリ会長は、火曜日、大阪、堺市のホテル、アゴラリージェンシーのWBSC委員会の開会演説で語った。「プレミア12はWBSCにとって重要なトーナメントであり、私達のスポーツの成長とグローバル化をどんどん推進しています。これは非常に重要なことです。」と語った。「このイベントの最後の2試合は、9万人以上のファンによって観戦されました。私たちのメディア伝達数もとエンゲージメントの数値も、2015年の前大会開催時の2倍になりました。したがって、プレミア12は、これまでに私達の手が届かなかった地域にスポーツを浸透させる絶好の機会を与えてくれていると言えます。」

「プレミア12はおそらく他のスポーツのオリンピック予選と比べても一番大きいもので、野球とソフトボールが大成功を収めるであろう来年オリンピックを今から盛り上げる完璧な助奏の役を果たしていると言えるでしょう。

「人々は私たちのイベントについてとても前向きに語っており、あらゆる数値は、私たちが正しい方向に進んでいることを示しています。しかし、私たちはスポーツをさらに発展させ、世界中の国々のますます多くの人々に届けられるように努力し続けなければなりません。」

WBSCは、このプロセスを支援するために、野球連盟のための新しいツールとプロセスを紹介しています。複雑に重なり合う各国の競技スケージュールを考慮しながらも私達の存在をより良く維持するために、常に進化と革新を続けています。このプロセスを支援する重要なツールはべースボール5です。それは世界中で広まっており、野球だけではなく、ビデオゲームやeスポーツから離れて、今の社会でとても重視され始めている一般的な、実際に身体を使った運動に人々が参加する絶好の機会であることを証明しています。

「皆さんは素晴らしい仕事をしてきましたが、私たちは国際的な野球とソフトボールとWBSCのため、そして、この非常にエキサイティングな旅を続けるために一体となって協力し続けなければなりません。」

執行役員会には、野球およびソフトボール部門の委員会のメンバーが参加し、議論とアイデアのための優れたプラットフォームを提供している。

執行委員会の週は毎水曜日にも継続され、コーチコミッション(コーチ委員会)、ベースボール5、およびウェブサイトとスコアリングアプリケーションを取り上げたオープンワークショップが開催される。

大陸連盟のミーティングの後に最後の2つのオリンピック予選大会の公式抽選会が行われるが、この様子は夕方に生中継される。

WBSC総会は木曜に開会される。