リッカルド・フラッカーリ会長「野球とソフトボールはアメリカ大陸で卓越した発展」

リッカルド・フラッカーリ会長「野球とソフトボールはアメリカ大陸で卓越した発展」
17/12/2019
WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長とベンチュウ・ロー事務総長は、12月10日から12日までアメリカのフォートローダーデールで行われたスポーツアコードアメリカ大陸2019に出席した。

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は、ベンチュウ・ロー事務総長と12月10日から12日までアメリカのフォートローダーデールで行われたスポーツアコードアメリカ大陸2019に出席し、野球ソフトボール競技はアメリカ大陸で「卓越した成長を続けるだろう」と自信を見せた。

第一回開催となったのこの催しにはアメリカ大陸の各国際競技連盟、各大陸連盟、スポーツ首脳者たちが集まり、スポーツビジネスに関連するトピックなどについてオープンな議論を進めた。

フラッカーリ会長とロー事務総長は、メキシコ野球リーグ(LMB)の新会長Horacio de la Vega氏と共にいくつかの会議を行なった。

近代五種競技で2度オリンピック金メダルに輝いた経歴をもち、先月末に前会長のJavier Salinas氏から引き継いだHoracio de la Vega氏は、WBSC大会でのプロアスリートの参加やCSRプロジェクト(Corporate Social Responsibility projects)、ベースボール5の振興活動など、WBSCとの提携活動が増していることを高く評価した。

2020年にはメキシコで U-15 ベースボールワールドカップ、女子ワールドカップ、 U-23ベースボールワールドカップ 、さらにベースボール5ワールドカップ(シニアと U-15の2大会)を開催予定しており、アメリカ大陸は野球、ソフトボール、ベースボール5のファンたちにとってホットな場所となりそうだ。さらに、アメリカのアリゾナでは3月にアメリカ大陸オリンピック予選が行われ、8月にはペルーで U-18女子ソフトボールワールドカップも開催される。  

WBSCはこの催しで野球ソフトボールブースを出しWBSCの公式大会などについて紹介した。中でも「世界の野球バトル」として知られるWBSCプレミア12は来年の東京でオリンピック復帰を果たす野球大会の予選を兼ねて先月行われ、日本が優勝し、韓国とメキシコがオリンピック出場を獲得した。

スポーツアコードアメリカ大陸への参加から帰国したフラッカーリ会長は「フォートローダーデールは実りの多い滞在でした。アメリカ大陸の競技関係者らと交流し、アメリカ大陸での将来の私たちの活動について意見交換ができたことは素晴らしかったです。」

「野球ソフトボール競技はアメリカ大陸では重要な文化的意味があり、今回の訪問で、野球ソフトボールはこの先何年も素晴らしく成長していくだろうと確信しました。」と加えた。

「スポーツアコード、地元組織委員会、大フォートローダーデールのみなさまに滞在中温かく迎えもてなしてくださったことに感謝いたします。」と締めくくった。