引退発表のリック・バンデンハークがオランダ野球ソフトボール連盟の技術部長に就任

引退発表のリック・バンデンハークがオランダ野球ソフトボール連盟の技術部長に就任
12/05/2022
元MLB、KBO、NPBで活躍し、ワールドベースボールクラシックでは国を代表した右腕投手バンデンハークは4月下旬に選手引退を発表した。

元メジャーリーグベースボール、韓国野球委員会(KBO)リーグ、日本プロ野球(NPB)で投手として活躍したリック・バンデンハークが、選手を引退して王室オランダ野球ソフトボール連盟 (KNBSB) 組織運営に携わることを発表した。4月下旬に発表して現役を退いたバンデンハークはKNBSB技術部長に就任した。

「オランダの若い才能ある新しい世代の人たちと自分が選手時代に得た知識と経験を分かち合うことが私の使命だと感じたのです」とバンデンハークは KNBSB公式サイトで語っている。「20年の選手生活で培った経験を今日の野球とKNBSBのニーズに合わせた技術政策に役立てていければと思います」

KNBSB技術部長としてのバンデンハークのの任期は2024年末まで。