SEAゲームズ 野球&ソフトボール 最初の決勝進出チームが決定

SEAゲームズ 野球&ソフトボール 最初の決勝進出チームが決定
06/12/2019
フィリピンが野球・女子ソフトボールの決勝進出、シンガポールは男子ソフトボールの決勝進出が決まった。この3大会は日曜日に幕を閉じる。

第30回東南アジア(SEA)競技大会の野球とソフトボール大会が最終ステージを迎え、今週末にフィリピンパンパンガ州クラーク経済特別区で決勝が行われる。この3大会の決勝に進出する最初のチームが確定した。フィリピンは野球・女子ソフトボールの決勝進出、シンガポールは男子ソフトボールの決勝進出が決まった。この3大会は日曜日に幕を閉じる。

プレイオフ進出を決めるソフトボール最終戦は土曜日、野球大会のラウンドロビンも土曜日に終わり決勝リーグのための順位が決まる。

女子ソフトボール大会では、フィリピンはマレーシアを12対0で大勝し決勝進出を決めた。開催国フィリピンは1回に6点、3回に4点を入れるなど3イニングで複数点を入れて勝利し、日曜日に行われる決勝進出を決めた。フィリピンは無敗のままSEAゲームズで10回目の金メダルを狙う。

もう一つのプレーオフではインドネシアがシンガポールに8対4で勝利しメダル獲得が確定した。土曜日にインドネシアはマレーシアと3位決定戦を行い、勝利した方が決勝でフィリピンと対戦し、負けたチームが3位に決まる。

男子野球では、シンガポールが最初の準決勝の3イニングで4点を入れフィリピンを脅かし、4対3で勝利して決勝行きを決めた。フィリピンは3位決定戦で、5対3でタイを破ったインドネシアと戦う。インドネシアは劣勢から7回に3点を入れて勝ち越した。

男子ソフトボールと女子ソフトボールの3位決定戦はどちらも土曜日に行われる。女子ソフトボール大会ではインドネシアと現地時間9時に試合を開始する。男子ソフトボールではフィリピンとインドネシアが午前10時より対戦。負けた方が3位となり、勝利チームは日曜日の決勝へと進む。

野球大会は休息日をはさみ、金曜日に2試合を予定している。フィリピンはインドネシアに14対1で大勝し、ラウンドロビンを無敗で終わらせ、4勝の成績で日曜日の決勝へと進む。

もう1試合ではタイがカンボジアに14対0で勝利し、決勝進出への可能性を残した。土曜日にタイはラウンドロビン最終戦でインドネシアと戦い、カンボジアはシンガポールと対戦する。この2試合の結果でオープニングラウンドの順位が確定する。

タイとインドネシアはどちらも2勝1敗で土曜日の試合を迎える。勝利チームが2位なり、フィリピンと決勝で争う。負けたチームは3位決定戦を行う。

3試合まだ勝利をあげていないカンボジアとシンガポールはラウンドロビン4位決定戦のため対戦し、勝ったチームは3位決定戦に進む。

メダル決定戦はどちらも日曜日に行われる。