自らをSNSで売り込み、オーストラリアのWBSCプレミア12のTodd Van Steenselがメキシコ野球と契約

自らをSNSで売り込み、オーストラリアのWBSCプレミア12のTodd Van Steenselがメキシコ野球と契約
03/03/2021
Todd Van SteenselのABLパフォーマンスのビデオは、2019WBSCプレミア12のスーパーラウンド中に東京で彼と対峙したマットクラークによって注目され、右腕選手Steenselは、拡大チームのMariachisでプレーすることになった。

Todd Van Steensel、30歳の右腕投手のオーストラリアからのリリーフ投手は、自らSNSに自分を売り込むプロモーション動画を流し、メキシコの野球リーグ(LMB、Liga Mexicana de Béisbo)との契約に至った。

Van Steenselは、2009年以来、夏には北米またはヨーロッパでプレーし、冬にはオーストラリアンベースボールリーグ(ABL)に戻るという長い野球シーズンを過ごしてきた。

彼は米国のダブルAレベルの66を含む215のマイナーリーグベースボール(MiLB)試合を投げた後、シドニー出身の彼はアデレードジャイアンツでABL2020-21シーズンで活躍していた。

関連記事

- メルボルンがオーストラリア野球リーグで二連覇 

- メキシコ野球リーグが5月20日に開幕 

-メキシコ野球リーグが16チームから18チームに拡大、国内の主要箭弓を支援 

- オーストラリア女子野球選手 Luisa Gauci, 夢を叶えるために渡米

- 連盟特集 オーストラリア野球連盟はユースからプロレベルまで成功

- 16歳のオーストラリア捕手Jake Burnsが期待の野球スター候補

Van Steensel 選手はジャイアンツがまとめたハイライト映像を使用し、ソーシャルメディアにに流し始めた。

メキシコリーグのベテランで、2019プレミア12 の試合で延長イニングのソロホームランでチームを3位に導いたMatt Clark(マットクラーク)は、彼が見た映像に感銘を受け、Van Steenselに次のメッセージを送った。「メキシコはどうですか?私たちは常にリリーフ投手を探しています。」

オーストラリアの投手はすぐさますべてのLMBクラブにメッセージを送り、新たに参入するチームのMariachis de Guadalajara 提案をしてきた。

Van Steensel は国際野球のベテランだ。彼は2014年のU-21野球ワールドカップ以来オーストラリアを代表しており、2017年のワールドベースボールクラシックにも出場している。彼は2019年WBSCプレミア12でオーストラリアが6位獲得に大活躍をした。右腕選手は2試合に出場し、合計4イニングを投球した。彼は4奪三振、3回のヒットで1得点のみを許した。

オーストラリアは現在、WBSC野球世界ランキングで6位であり、東京オリンピックに出場するチャンスを求め、WBSCオリンピック野球最終予選に出場する。


Premier12