日本の女子高校野球部 雪にも負けず練習に奮闘

日本の女子高校野球部 雪にも負けず練習に奮闘
09/02/2021
女子硬式野球部は1年前に創部。「選手たちは頑張ってやっています。」と茶木圭介監督は語った。

なぜ日本はWBSC女子野球世界ランキングのトップランキングなのか、なぜ日本代表チームは女子野球ワールドカップで6連覇を果たせたのか、その謎を解く鍵がこれなのかもしれない。

野球を愛する日本の高校の女子硬式野球部選手たちは北海道大雪にも負けず日々練習に取り組んでいる。

最近そんな駒大苫小牧高校の女子選手たちが雪の中練習する姿がSNSで話題となった。

関連記事
- 6連覇の日本が女子野球ワールドカップ選手を発表
- 女子野球ワールドカップ6連覇の日本が代表チームスタッフを発表
- 4年前の今日、日本が女子野球ワールドカップ5連覇
- 女子野球世界ランキング 第1位日本、第2位カナダ、第3位チャイニーズタイペイ
- 六角彩子が日本で女子野球発展に貢献

駒大苫小牧高校の女子チームは2020年の春に創部され、男子部の副部長・部長を務めていた茶木圭介氏が監督(43)。茶木監督は2004年と2005年甲子園で2年連優勝に貢献している。

「女子のコーチはこれが初めてです。選手達は頑張ってやっています。」と茶木監督は地元メディアに語った。

NPB、MLBスターの田中将大も駒大苫小牧高校の野球チーム出身。