アジアソフトボール連盟がWBSCソフトボール大陸副会長(アジア)にDr. Yang Xu氏を指名

アジアソフトボール連盟がWBSCソフトボール大陸副会長(アジア)にDr. Yang Xu氏を指名
21/12/2021
Yang Xu氏は徳田寛氏から引き継ぎWBSCソフトボール大陸副会長(アジア)の役職を務める。任期は4年。 .

アジアソフトボール連盟は本日Dr. Yang Xu氏をWBSCソフトボール大陸副会長(アジア)に指名した。Dr. Yang Xu氏は11月16日にオンラインで行われたアジアソフトボール連盟(SA)理事協議会(EXCO)会議にて最初に指名され、火曜日にアジアソフトボール連盟臨時総会にて決定された。

中国ソフトボールリーダーのDr. Yang Xu氏は今後WBSCソフトボール部門理事会/WBSC野球ソフトボール理事会などでアジアソフトボール連盟を代表する。

Dr. Yang Xu氏は中国ソフトボール連盟の会長を2018年に就任、それまでも長年国内連盟の事務局長を務めていた。また2014年から2018年まではアジアソフトボール連盟副会長も務めていた。

Yang Xu氏は徳田寛氏からWBSCソフトボール部門理事の役職を引き継いだ。任期は4年。今年10月72歳でこの世を去った徳田氏は2017年にWBSCソフトボール大陸連盟副会長(アジア)に選出された。