アジアソフトボール執行委員会がオンライン開催、地域活動を見直し

アジアソフトボール執行委員会がオンライン開催、地域活動を見直し
14/10/2020
ほとんどの国が国内活動を終了し、アジアの野球・ソフトボール試合の開催地の建設が進んでいる。中間期の執行会議が今年の暮れにオンラインで開催される予定だ。

ソフトボールアジアは本日、10月14日水曜日にオンラインで実行委員会(EXCO)を開催した。アジアのソフトボールの指導者たちは、COVID-19の発生によって短縮された、この地域での今年の活動の影響を見直した。

2020年の国際大会は無期限に延期されたが、いくつかの国と地域では国内大会を開催することができた。

中国のソフトボール協会は、国内ソフトボール選手権大会を完了し、国内大会のトロフィーが授与された。全国ジュニアトーナメントは週末に開始される予定だ。彼らの全国スローピッチトーナメントは9月に始まり、12月に終わる。

香港(中国)ソフトボール協会は、11月にソフトボールリーグと大学のトーナメントを開催する。

韓国野球ソフトボール協会(KBSA)は11月にソフトボールリーグを開催する。6月と9月には2つの全国大会が開催された。

日本ソフトボール協会、日本女子ソフトボールリーグは9月に開幕した。男子ソフトボールリーグは11月に開始される予定だ。

シンガポール野球/ソフトボール協会は全国女子ソフトボール大会を開催し、現在男子ソフトボール大会を開催中だ。

チャイニーズタイペイアマチュアソフトボール協会の女子プロソフトボールリーグが決勝に向かっている。WBSCソフトボール殿堂入りの式典も今週末に予定されている。

タイのソフトボール協会はマスターズトーナメントを見とどけ、大学選手権大会を始める準備が出来ている。タイソフトボールリーグは11月に始まる。

ソフトボールアジアは2021年に4つのWBSCワールドカップ予選を開催する。U-23男子ソフトボールアジアカップとベースボール5アジアカップは来年の前半に予定されており、男子ソフトボールアジアカップとアジア大学女子ソフトボールアジアカップは2021年後半に予定されている。

中国の野球とソフトボールのリーダー達は、アジア競技大会杭州2022組織委員会(HAGOC)と緊密に連絡を取り合っており、新しい野球/ソフトボール会場の建設が進んでいる。HAGOC 2022は、ソフトボールアジアと連絡を取り、アジア競技大会の技術代表を任命し、テストの大会を計画する予定だ。

EXCOはまた、マレーシアのクアラルンプールで12月に予定されていた次回のソフトボールアジア会議をオンラインで開催することを決定した。正確な日付は後の段階で決定されるが、議会は次回の執行委員会に続けて行われる。