ソフトボールメキシコのエース、ダラス・エスコベド「初戦でそのあとの試合の調子が決まる」

ソフトボールメキシコのエース、ダラス・エスコベド「初戦でそのあとの試合の調子が決まる」
18/07/2021
ソフトボール競技の開幕が近づいており、いよいよ今週の水曜日となった。「緊張、興奮、不安でいっぱいになるとは思いますが、待ち望んでいたことがやっと現実になります」とエスコベドは言った。

メキシコのスター投手、ダラス・エスコベドは、オリンピックが始まるのが待ちきれない。特に、7月21日水曜日の東京 2020 オリンピックでは、ソフトボールが最初の公式競技として始まるという特権がある。

オーストラリアは午前9時に開催国日本との福島で開幕戦を行い、世界5位のメキシコは午後3時の第3試合でカナダと対戦し、29歳の右腕投手が世界第3位の相手に対して良いパフォーマンスを見せることは、彼女の国のメダルチャンスの鍵となるだろう。

「初戦に勝てば、私たちを良い波にのせてくれるでしょう。カナダとの試合は本当に良かったと思います。予選で彼らを破って、ここに来ることがました」と、WBSC ソフトボールアメリカ大陸予選でカナダとの試合で完投したエスコベドは、1被安打、9奪三振を記録し2対1で勝利した。 「それからは、シーズンの早い段階で彼らと対戦し、勝ったり負けたりしました。彼らは非常に強く、かなりの調整が整っていました...なので、今はただそこに出て戦うだけですが、初戦で残りの週の調子が決まるだろうと思っています。」

メキシコは2019年9月のWBSCソフトボールアメリカ大陸予選でカナダに先駆けトップの座を獲得した。エスコベドによると、オリンピックでのメキシコのデビューは「待ちに待ったこと」だ。

「神経質、興奮、不安になると思いますが、準備はできていると思います」と彼女は自信を持って言った。そして、ファンがいないというのは少し違っていても、とにかく雰囲気はエキサイティングだと思っていると述べた。「全体として、環境は楽しく、今はただそこに出ていって競うだけだと思っています」と彼女は付け加えた。

福島で2日間過ごした後、ソフトボール競技は、エスコベドが日本のソフトボールリーグの昨シーズンにスターの1人として活躍した経験のある横浜スタジアムに移動する。「私は以前に横浜スタジアムでプレーしたことがあり、大好きです。まず美しいです。ブランドにふさわしく立派に整備されていると思いますし、とにかくその雰囲気が美しく感じられます。なので私はあのスタジアムに戻ることにとても興奮しています。」

 メキシコのオリンピックソフトボールチームは、金曜日に選手村に入った後、週末に横浜スタジアムで2回のトレーニングセッションを行った。エスコベドにとって、それはスタジアム、フィールド、オリンピックの雰囲気、そして天気の感触をつかむことで、それは大会の要因となる可能性があった。「暑さに慣れたかっただけです。特に夜遅くの試合と比べて日中の試合がある場合は、暑さがゲームの大きな部分を占めることになるでしょう。でも私は暑さが大好きです。私はアリゾナ出身で、砂漠に住んでいるので...」と彼女は笑顔で語った。

Tokyo 2020 – Olympic Softball Schedule