インドで国内大会役員育成プログラム開始のため、ソフトボール審判、記録員の試験実施

インドで国内大会役員育成プログラム開始のため、ソフトボール審判、記録員の試験実施
03/02/2021
1月31日に、27の異なる州から1,000人以上の大会役員が試験を受けた。

インドソフトボール協会は、国内の職員の現在の発展振興を評価することを目的とし、1月31日に全国レベルのオンラインで、ソフトボール審判および記録員の試験を開催し、合計653人の審判と359人の記録員の評価が完了した。

このプログラムは1月16日に正式に発表され、登録が開始された。すべての州と地区は、オンライン評価のために審判と記録員にこれに登録するように奨励。合計で、経験豊富な職員から新しい職員を含む、1,346人の職員(923人の審判員と423人の記録員)が、ソフトボールインドの27の異なる州および関係団体から試験に登録した。

1月31日、すべての参加者は、回答を提出するための2時間の試験へのリンクを受け取り、合計1,012人の登録者が試験を完了した。

関連記事

- WBSC世界男子ジュニアソフトボール選手権大会インドのヒーローChaudari

- Neetal Narang氏がインドソフトボール連盟の女性初の会長に選出 

- インドが野球とソフトボールの発展のための次の開拓地になる可能性

 -インドで600人以上の児童がベースボール5を体験 

- M.N. Krishnamurthy氏がインドの野球連盟会長に就任

これは、ソフトボールインドに加盟しているすべての州と統括団体を対象に国内で実施された最初のオンライン試験だ。審判、記録員、選手、草の根レベルのコーチのための全国的な教育とトレーニングは、インドでソフトボールを発展振興するための次のステップとなる。

インドはこれまでに5回のWBSC世界ソフトボール選手権に参加している。彼らは2012年のWBSC(ISF)世界ジュニア男子ソフトボール選手権でデビューし、12位で終了した。国としてはまた、2016 WBSC世界女子ソフトボール選手権(29位)、2017世界ジュニア女子ソフトボール選手権(22位)、2017世界男子ソフトボール選手権2017  (15位)、またそれまでで最高の9位を獲得した世界ジュニア男子ソフトボール選手権2018に参加している。インドのエースGauravChaudari は、カナダのプリンスアルバートで行われたトーナメントのスターの1人だった。


Global Game