スペインのU-15代表チームがヨーロッパ選手権に向けてテネリフェで練習

スペインのU-15代表チームがヨーロッパ選手権に向けてテネリフェで練習
04/12/2020
Miguel Erroz監督率いるスペインU-15代表チームはテネリフェ・ユースアカデミーと対抗試合シリーズを行なった。

スペイン野球ソフトボール連盟 (RFEBS)は、カナリア諸島とその地元野球ソフトボール統括団体の協力で、第4回U-15ウィンターリーグを開催した。

Miguel ERROZ監督率いるスペインU-15代表野球チームはプエルト・デ・ラクルスの野球センターでテネリフェユースアカデミーチームとシリーズ戦を行なった。

スペインは次の7月トルナヴァ(スロベキア)とブルノ(チェコ)で行われるU-15 ヨーロッパ野球選手権大会のプールBに出場する。ヨーロッパ王者と2位のチームがWBSC U-15 野球ワールドカップ 2022出場権を獲得する。

テネリフェのスペインチームのメンバーは12名。Pablo MERINO, Jorge MERINO, Angelo RODRIGUEZ, Diego SAN MIGUEL, Juan SALAZAR, Rodolfo FIGUEREDO, Cesa DIAZ, Vinicio LARA, Andres ANNUNCIATA, Kevin RODRIGUEZ, Oric MADRIGAL, Pablo COSTALES。さらにコーチングスタッフは Ismael GARCIA氏と Marc JUANEDA氏。

RFEBSのU-15テネリフェウィンターリーグは政府の基金「Programa Nacional de Tecnificación Deportiva, PNTD」の一部。