スイスがヨーロッパ初のe–スポーツ野球リーグを開催

スイスがヨーロッパ初のe–スポーツ野球リーグを開催
16/12/2020
ジュニア(U-34)大会は12チームが出場。シニア(35歳以上)は8チームが参加する。2021年1月11日に開幕。

世界野球ソフトボール連盟のeスポーツが公式種目として承認され、事業参入の大ニュースが先週発表され、スイス野球ソフトボール連盟(SBSF)はヨーロッパ初のeスポーツ野球リーグを2021年1月11日和開催する。

この新しいオンライン野球大会「スイス野球eスポーツリーグ(SBEL)はSBSFと35歳以上の競技プラットフォームSenior eSportsとの協力から生まれた。

SBELは二つの大会を実施する。ジュニアリーグ(34歳以下)は12チームが出場。シニアリーグ(35歳以上)は8チームが参加。SBSFの14チーム、総勢40名が参加する。この中には元スイス棒高跳びチャンピオンで現在Therwil FlyersでプレーしているMarquis Richardも出場する。

レギュラーシーズンの試合は1月11日、17日、18日、24日、25日、31日、準々決勝2月1日と7日、準決勝2月10日。

メダル決定戦は2週続けて水曜日に行われ、2月17日(水)3位決定戦、2月24日に王者決定戦となる。

 SBSF Twitch Channelで毎週水曜日現地時間午後8時より1試合ずつ配信する。

関連記事 WBSCがeスポーツを新種目として承認