The Global Gameポッドキャスト 男子ソフトボール ワールドカップを「最高峰」の開催地である自国で開催 - ニュージーランド ブラック ソックスのマーク ソレンソン ヘッドコーチ

The Global Gameポッドキャスト 男子ソフトボール ワールドカップを「最高峰」の開催地である自国で開催 - ニュージーランド ブラック ソックスのマーク ソレンソン ヘッドコーチ
18/11/2022
ソレンソン(55)は、1996 年、2000 年、2004 年にニュージーランド・ブラック ソックスのチームキャプテンとして 3 回、2017 年にコーチとして 1 回、世界選手権のタイトルを獲得した。

ニュージーランドのオークランドで開催されるWBSC 男子ソフトボール ワールドカップ 2022 の開始まであと 1 週間に迫り、ブラック ソックスのマーク ソレンソン ヘッドコーチがWBSC ポッドキャスト「The Global Game」で、ニュージーランドの最多 8 回目の世界選手権優勝に向けて調整を続ける中で、ホームアドバンテージがいかに重要かを説明した。

「これは最高峰だと思っています」と2004年にクライストチャーチでニュージーランドのチームキャプテンとして3度目の世界選手権タイトルを獲得し、2017年にカナダでコーチとしてタイトルを獲得したソレンソンは語る。「2004年にチームと世界選手権に向かったときには、まるで国を背中に背負ったような思いがしたのをよく覚えています。海外で勝てば1週間くらい話題になるのですが、それは通常、ニュージーランドで最大のスポーツであるラグビーが行われる冬の時期です。」

「これは最高峰だと思っています」と2004年にクライストチャーチでニュージーランドのチームキャプテンとして3度目の世界選手権タイトルを獲得し、2017年にカナダでコーチとして優勝を獲得したソレンソンは語る。「2004年にチームと世界選手権に向かったときには、まるで国を背中に背負ったような思いがしたのをよく覚えています。海外で勝てば1週間くらい話題になるのですが、それは通常、ニュージーランドで最大のスポーツであるラグビーが行われる冬の時期です。」

ニュージーランドのチームキャプテン、コール・エバンスも同様にホームの観客のホームアドバンテージについて語り、地元のプレッシャーをもすべて受け入れている. 「ソフトボールのサポーターは、特にニュージーランドでは、世界でも最高です」と彼は述べた。

ニュージーランドは男子ソフトボール ワールドカップを 3 回開催し、毎回表彰台のトップに立った。 2013 年のオークランド、2004 年のクライストチャーチ、1976 年のローワー ハット (悪天候のため、カナダとアメリカと同時優勝を宣言)だ。

.11 月 26 日のローズデール パークの開幕戦まであと 1 週間となり、ソレンソンのチームはパーマストン ノースで行われる招待国際シリーズでワールドカップへの調整をしている。ニュージーランドが国際チームと対戦するのは、チェコのプラハで行われた前回の WBSC 男子ソフトボール ワールドカップでブラック ソックスが 4 位に終わって以来のことだ。

男子ソフトボールワールドカップで最も多くのメダルを獲得したブラックソックス(金13個、金7個、銀4個、銅2個)が、カナダと並んで最も成功した国として表彰台に逃したのは、39年ぶりのことだった。 ソレンソンにとって、それは大きな学びの機会だった。

「成功から学ぶことよりも、失敗から学ぶことの方が多いと思います。それは、失敗するとそれについてより深く振り返るからです。」と彼は語る。「害があるのはわかっていながらも、昔の失敗を振り返して再体験し、自分の弱さやもろさに対峙すべきだと思います。それが結果的には精神的な厚みになるからです。何故ならあなたが学ぼうとしていることが、最終的にいつもうまくいくものではないかもしれないからです」

”ソレンソンは、プラハでの最終結果の責任は自分自身にあると語った。「試合での失敗はグループの責任だといつも思っていましたが、大会の失敗はヘッドコーチの責任だと思います。だから、2019年大会での失敗は、本当に私にあったと思っています。」