ソフトボール界はヨーロッパのアンドレ ヴァン オーバービークの死を悼む

ソフトボール界はヨーロッパのアンドレ ヴァン オーバービークの死を悼む
05/05/2021
ヨーロッパソフトボール連盟の前会長が72歳で他界した。

国際ソフトボールコミュニティはアンドレ・ヴァン・オーバービーク氏を失った。ヨーロッパソフトボール連盟(ESF、現在はWBSCヨーロッパのソフトボール部門)の前会長がオランダで亡くなった。彼は1949年に生まれだった。

「私の親友アンドレ、私たちがあなたの残してくれたものをどのように守っているかをもう直接あなたに話すことができないとは信じられない。」と彼の後継者、Gabriel Waage会長は語る。「あなたがソフトボールコミュニティ全体に与えてくれたこと、そしてあなたが私に与えてくれたことに心から感謝します。」

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のリッカルド・フラッカーリ会長もグローバルコミュニティとメッセージを共有した。「アンドレ、安らかに眠ってください。ヨーロッパでの私たちのスポーツのために手に手をとって共に働いていた年月を忘れることはありません。」

Van Overbeek was a baseball player in the 1960s. After his retirement, he became a softball coach, both in the Netherlands and in Russia, where he lived for nine years. ヴァンオーバービークは1960年代の野球選手引退後だった。引退後、彼はオランダとロシアの両方でソフトボールのコーチになり、そこで9年間過ごした。

彼は2005年にオランダ王立野球ソフトボール連盟(KNBSB)のメンバーになり、2009年にESFの会長に選出され、2期務めた。彼は2017年にソフトボールを引退した。

Global Game