トマテロス・デ・クリアカンがメキシコパシフィックリーグで優勝

トマテロス・デ・クリアカンがメキシコパシフィックリーグで優勝
01/02/2021
Jesse Castilloが10回延長で制した第7戦で本塁打2本を放ち、MVPに輝いた。

トマテロス・デ・クリアカンは第7戦を10回延長でナランへロス・デ・エルモシージョを下し、メキシコのウィンターリーグであるパシフィックリーグ(LMP; Liga Mexicana del Pacifico) チャンピオンシップシリーズを制した。13度目の優勝、この4シーズンでは3度目、昨年に続く二連覇となった。

関連記事
- カイマネス・デ・バランキージャがコロンビアプロ野球リーグ優勝
- カリベス・デ・アンソアテギがベネズエラ野球リーグLVBP優勝
- クリオージョスがプエルトリコリーグで優勝、LBPRC史上最も成功した球団となる
- アギラスが22度目のドミニカプロ野球リーグ優勝
- メキシコ・パシフィックリーグ クリアカンとエルモシージョが決勝シリーズで対決
- ヒガンテスが6試合でニカラグアプロ野球リーグの王座を獲得

一塁手Jesse CastilloがFernando Salasから本塁打を放ち、勝ち越し点を入れた。第7戦で放った2本目の本塁打だった。

このシリーズは7試合中6試合が1点差で決まり、クリアカンは劣勢からの逆転勝利を掴んだ。6試合目Castilloが2安打、2打点で4対3でチームを勝利させ第7試合に持ち込んだ。クリアカンは9回裏指名打者Michael Wingの活躍で勝ち越した。


シリーズ結果

  • ナランへロス-トマテロス 2-1
  • トマテロス-ナランへロス 6-1
  • ナランへロス-トマテロス 5-4
  • ナランへロス-トマテロス 1-0
  • トマテロス-ナランへロス 4-3
  • トマテロス-ナランへロス 4-3
  • トマテロス-ナランへロス 7-6

シリーズMVPはCastillo。

LMPは世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の準会員。


Global Game