U-23野球ワールドカップ優勝のベネズエラ 故郷で最高の栄誉を受ける

U-23野球ワールドカップ優勝のベネズエラ 故郷で最高の栄誉を受ける
06/10/2021
メキシコでのワールドカップで優勝したU-23ベネズエラ代表チームにベネズエラで市民が受け取ることができる最高の栄誉の1つが授与された。

先週土曜日にメキシコで開催されたWBSCU-23野球ワールドカップで優勝した後、ベネズエラチームの複数選手がニコラス・マドゥロ大統領と会見し、国内で最も高い評価を受けているフランシスコデミランダ騎士団の勲章を受けた。

「私たちがこれほど重要なタイトルを獲得したのは実に1941年以来のことです。この功績に大変感激しています。地元メディアのUltimasNoticiasによると、これはベネズエラ野球に新たな力を与える重要な出来事です。すべての試合はとてもエキサイティングで、チームとしてベネズエラの野球を代表してくれたことを誇りに思います」とマドゥロ大統領は述べた。

ベネズエラのまさに野球のレジェンド、カルロス・ガルシア監督は「素晴らしい体験をするためのサポートと機会に感謝すると共に、適切な時と場所にいられたことに感謝しています」と語った。

ベネズエラがU-23ワールドカップで表彰台に上がったのは、2018年の大会の3位に続いて2回目だ。

「選手のパフォーマンスはシナリオ通りだった」

カルロス・ガルシアーベネズエラ代表チーム監督

第4回U-23野球ワールドカップは台湾での開催予定。ベネズエラは次のステージでの連覇を目指す。