全米アマチュア野球連盟が高校選抜大会を中止

全米アマチュア野球連盟が高校選抜大会を中止
10/02/2021
この大会は2022年に再開予定。「これは明日アスリートやチームの安全を守るために決定しました。」とCEOのPaul Seiler氏はコメントした。

全米アマチュア野球連盟は2021高校選抜大会の中止を発表した。この大会は3月24日から27日までノースカロライナ州ケーリーにある全米アマチュア野球ナショナルトレーニングコンプレックスで行われる予定だった。

「 国内高校選抜大会を2年連続の中止を大変残念に思います。」と全米アマチュア野球連盟のCEO、Paul Seiler氏はコメントした。「出場選手、 コーチ、 観客の皆さんの健康を守ることがパンデミック禍では最優先事項です。 現在もCOVID-19は国内全土で広がっており不安定な状況が続いております。この大会の中止はアスリートとチームの健康を守るために決められました。」

関連記事
- 全米アマチュア野球連盟、MLBは共同の将来性のある選手育成パイプラインの強化に合意
- アメリカでプロ女子野球リーグ設立か 全米女子プロ野球リーグ・ロックフォードピーチズの元選手スー・パーソンズ・ジペイが着手
- ユース野球がソーシャルディスタンスやルールを変更してアメリカで再開
- 全米アマチュア野球連盟が「Fun at Bat」家庭版を開始

国内高校選抜大会は2012年から始まり国内トップ16の高校野球チームと選手が出場する。全米アマチュア野球連盟は2021年は中止し、2022年の再開を計画している。

カリフォルニア州オレンジ郡にあるOrange Lutheran高校が2019年に三連覇を果たした。

全米アマチュア野球連盟は今年の9月2021 WBSC U-18 野球ワールドカップを主管する。