全米アマチュア野球連盟はアリゾナでのU-15国内選手権大会を中止

全米アマチュア野球連盟はアリゾナでのU-15国内選手権大会を中止
09/07/2020
国内選手権大会ノースカロライナの国内選手権大会は、7月27日にケアリーにある全米アマチュア野球連盟のナショナルトレーニングコンプレックスで始まる予定だ。エリート選手権大会スタイルのトーナメントでは、代表チームの選考のために選手が自分をアピールすることができる。

全米アマチュア野球連盟はアリゾナで行われるはずであった国内選手権大会中止を告知した。この決定は、州内および米国南西部全体でのCOVID-19感染拡大によるものだ。

この大会は2020年内の延期の予定はなく、2021年に予定されている。

「今年の夏のアリゾナ国内選手権大会の中止を発表するのは残念ですが、何千人もの参加者と毎年この大会に参加される家族の皆さんの長期的な健康、安全、幸福を守るために、この決定は賢明であると感じています。」全米アマチュア野球連盟のエグゼクティブディレクター/ CEOのポール・ザイラー氏は述べた。

国内選手権大会は、アリゾナ州、フロリダ州、ノースカロライナ州で開催されるエリート選手権大会スタイルのトーナメントで、全米からの選手がU-15代表チーム、U-13 / U- 14アスリート育成プログラム(ADP)およびU-16およびU-17ナショナルチーム育成プログラム(NTDP)をめざして参加する。

現時点では、2020年ノースカロライナ国内選手権大会は、7月27日にノースカロライナ州ケアリーにある全米アマチュア野球連盟のナショナルトレーニングコンプレックスで開始される予定だ。

全米アマチュア野球連盟は、コロナウイルスのパンデミックに関する動向を注意深く監視し続け、2020年のカレンダーの残りの大会の開催を念入りに判断していく構えだ。大会に関するすべての決定は、政府が義務付けたガイドラインに従い、参加するすべてのアスリート、コーチ、ファンの安全と健康に関して、可能な限り予定通りに行われる。

アメリカはU-15カテゴリーの優勝チームで、パナマでの 2018 WBSC U-15 野球ワールドカップで優勝している。