全米アマチュア野球連盟(USA Baseball)が新たにAlvarez氏とHopkins氏を理事に選出

全米アマチュア野球連盟(USA Baseball)が新たにAlvarez氏とHopkins氏を理事に選出
20/12/2019
Veronica Alvarez氏は女子代表チームの一人。Elliot Hopkins氏は州立高校協会国内連盟(NFHS)のスポーツ・公認・教育サービスのディレクター。彼ら二人はJenny Dalton-Hill 氏とDavis Whitfieldに代わって理事に選出された。

全米アマチュア野球連盟(USA Baseball)は金曜日、4連覇女子代表チームのVeronica Alvarez 氏と州立高校協会国内連盟(NFHS)のスポーツ・公認・教育サービスのディレクターであるElliot Hopkins氏が理事に選出されたことを発表した。

カリフォルニアのMLBウィンターミーティングで行われた年に一度の理事会で投票決議された。

また、Mike Gaski氏とJason Dobis氏が同じく連盟理事会の会長と財務に再選が決まった。

「VeronicaとElliotは長期にわたり野球連盟のメンバーであり、大会開催や様々な活動、代表チームの支援に捧げてきました。彼らを理事会に迎えることを嬉しく思います。今後彼らはアメリカ合衆国に置けるアマチュアスポーツ発展に貢献してくれるでしょう。と全米アマチュア野球連盟のMike Gaski会長は歓迎した。

「全米アマチュア野球連盟の選手であることはとても重要であり、私はそれを大変誇りに思います。アスリートたちの連盟との経験が最高のものとなるようアスリートを代表して精一杯尽くします」とVeronica Alvarezは意気込みを語った。

「全米アマチュア野球連盟理事会で野球に関われることを嬉しく思います。学生野球選手たちの声は国を代表するチームの編成に大変重要であると思います。」とElliot Hopkinsは語った。

AlvarezとHopkinsは14年間理事を務めていたJenny Dalton-Hill氏とDavis Whitfield氏に代わって理事メンバーになった。

全米アマチュア野球連盟理事会は現在12名