オリンピック予選突破のアメリカのヒーロー、ルーク・ウィリアムズがMLB初スタメンで本塁打

オリンピック予選突破のアメリカのヒーロー、ルーク・ウィリアムズがMLB初スタメンで本塁打
10/06/2021
24歳のウィリアムズは打率 .444でアメリカ代表チームのオリンピック予選通過に貢献した。大リーグに昇格した彼は現在5打数3安打。

6月9日(水)、ルーク・ウイリアムズがサヨナラ本塁打を放ちフィラデルフィア・フィリーズはアトランタ・ブレーブスに2対1で勝利した。

ウイリアムズはその前夜にMLBデビューを果たし、1打数1安打をマーク。次の日のこの試合はMLB初スタメンでの出場だった。

ウイリアムズ(24)はWBSC野球アメリカ大陸予選にアメリカ代表として出場し、優勝したこの大会で4試合すべてレギュラーで出場、18打数8安打 (.444)、1本塁打、6打点を記録した。

「あの瞬間をどう言葉にすればいいかわかりません。全く信じられないことで、必死に理解しようとしていました。」とウイリアムズはMLB.comに語っている。

ウイリアムズはフィリーズのセンター7番でスタメンで出場したが、途中で三塁手に移動。二塁打1、サヨナラ本塁打で4打数2安打。

関連記事
- The US beat Venezuela and earn Olympic berth
- アメリカ大陸野球予選「一球一球に息を呑んだ。」アメリカチームのソーシア監督が語る
- Luke Williams homers to lift the US past Canada