全米アマチュア野球連盟ががMLBと提携 2021プロスペクト・ディベロップメント・パイプライン大会開催

全米アマチュア野球連盟ががMLBと提携 2021プロスペクト・ディベロップメント・パイプライン大会開催
19/03/2021
選抜された6チームが6月1日から6日までノースカロライナ、ペンシルバニア、フロリダ、テキサス、ワシントン、カリフォルニアで試合が行われる。

全米アマチュア野球連盟はMLBと提携して行う2021年のプロスペクト・ディベロップメント・パイプラインのプレミア大会を効率化して行うことを発表した。全ての試合は選抜形式で行われ、未来のトップアマチュア野球選手らが各地域で選出される。

この大会はデータ集計と最新評価技術を極めて重視しています。選手たちに提供される貴重なリソースや持続可能な育成を生み出す能動的なテータは、スカウト陣にっとてもこの春に行われるドラフト資格のある若手選手を決めるデータにもなります。」と全米アマチュア野球連盟の技術シニアディレクターのラッセル・ハードフォード氏はコメントした。

PDPパフォーマンス・アセスメントに続き、アスリートはさらに選手個別レポートを受け取る。これは個人結果、評価データ、育成情報、改善のためのガイドライン、そのほか選手や家族がアマチュア野球選手として必要な関連資料などが提供される。

関連記事
- 全米アマチュア野球連盟、MLBは共同の将来性のある選手育成パイプラインの強化に合意
- アメリカでプロ女子野球リーグ設立か 全米女子プロ野球リーグ・ロックフォードピーチズの元選手スー・パーソンズ・ジペイが着手
- MLB 6月2日をルー・ゲーリックの日に
- MLBがマイナーリーグ改革を発表
- 全米アマチュア野球連盟とMLBがアパラッチアンリーグ改革

プロスペクト・ディベロップメント・パイプライン(PDP)はメジャーリーグベースボールと全米アマチュア野球連盟が共同で設立した選手育成のためのパイプラインで、アメリカ国内のアマチュア野球選手をMLBドラフトに繋げる役割を果たす。

PDPプレミア大会に加えて、PDPはまた最近6月20日から28日まで実施するMLBドラフト・コンバインと7月22日から8月1日に実施する18U 代表チームの選考の場となるPDPリーグがある。両大会ともノースカロライナのカリーにあるUSA Baseball National Training Complexで行われる。


Global Game