第6回WBSC U-12野球ワールドカップ銅メダル決定戦 チャイニーズタイペイがドミニカ共和国に勝利

第6回WBSC U-12野球ワールドカップ銅メダル決定戦 チャイニーズタイペイがドミニカ共和国に勝利
07/08/2022
強い雷雨で試合は3回裏に1時間20分中断した。試合前半は乱打戦が繰り広げられたが、ドミニカ共和国が守備エラーでリードを逸した。

チャイニーズ・タイペイはドミニカ共和国を 9 対 5 で破り、第6回 WBSC U-12 野球ワールドカップ銅メダルを獲得した。2011 年の大会開始以来、チャイニーズタイペイはすべての大会で連続メダルを獲得している。

試合は乱打戦で始まった。 両チームは合わせて本塁打4、 二塁打5を記録。勝敗の決め手は守備の強さだった。

転機が訪れたのは4回裏、守備エラーでWu-Sheng Zhiが一塁に出て塁を進め、先制点を入れた。

さらに 守備エラー2つを絡めて、チャイニーズ タイペイは 5 回裏に駄目押しの1点を追加した。

チャイニーズタイペイ対ドミニカ共和国

ドミニカ共和国が先制。二塁手のカルロス・ニエベスが左利きの先発Sheng Zhi Wuから一死で二塁打を放つと三振で三塁に進み、盗塁で生還した。

チャイニーズ・タイペイは、中堅手ルイ・シン・チェンと捕手ポー・シェン・チェンによる連続二塁打で、ミゲル・グルロン(左投げ)に対してその裏で同点に追いついた。

中堅手ミゲル・メラが2回表に本塁打を放ち、ドミニカ共和国が勝ち越す。

雨が降り始めたその時、Sheng Zhi Wu は二死、走者二塁・三塁で、グルロン投手の四球目を捉えて右中間へ本塁打を放った。

一死、走者一、三塁で、1 アウトの中、雷雨が悪化し審判員のコールで試合が中断した。

1時間20分後に試合が再開。

ウーが二つ目のアウトをとって交代。リリーフのユン・ジョウ・チウをマーロン・ポランコ(三塁手)が3ラン本塁打で歓迎し、ドミニカ共和国は5-4でリード。

3回裏、チャイニーズ・タイペイのRui Xin Chen(中堅手)がリリーフのJerson Guzmanの2球を見送ると3球目を捉えて右翼手フェンスを越えるソロホームランを放ち、再び同点に持ち込んだ。

4 回裏、Wu Sheng Zhi がショートに緩いゴロを放って得点し、チャイニーズ タイペイが勝ち越す。

 ショートのTzu Chiao Ouがレフトへのタイムリーで7対5にリードを伸ばす。

満塁でJimenezがChien Shao Hsiang を4球で押し出し、チャイニーズタイペイはさらに1点を追加。四人目のドミニカ共和国投手Polancoが救援に立ち危機を回避した。

5回裏、チャイニーズタイペイは守備エラーを利用してゴロで9点目を追加。

チャイニーズタイペイのQui が勝利投手。6回3打者と対峙し、ピンチヒッターObed Guerreroを三振に仕留めて試合が終わった。