第6回WBSC U-12野球ワールドカップ9日目 アメリカ、ベネズエラが決勝進出 中焦ペイとベネズエラが銅メダル決定戦へ

第6回WBSC U-12野球ワールドカップ9日目 アメリカ、ベネズエラが決勝進出 中焦ペイとベネズエラが銅メダル決定戦へ
06/08/2022
U-12野球ワールドカップの新王者がまもなく誕生する。王座を獲得するのは無敗のアメリカか南米強豪のベネズエラか。前大会優勝のチャイニーズタイペイは大会初出場のドミニカ共和国と銅メダルをかけて戦う。

チャイニーズタイペイと韓国が3178人の観客たちに今大会最高の試合を繰り広げた。開催国のチャイニーズタイペイが勝利し、日曜日大会最終日の午後2時よりドミニカ共和国と銅メダルをかけて戦う。

18時から始まる決勝では、アメリカがホーム、ベネズエラがビジターとなる。

スーパーラウンド3日目

ドミニカ共和国 対 メキシコ  9-2 スコア
アメリカ 対 ベネズエラ  12-7 スコア
チャイニーズタイペイ 対 韓国  3-2 スコア

スーパーラウンド最終結果 アメリカ 5勝0敗、ベネズエラ3勝2敗、チャイニーズタイペイ2勝2敗、ドミニカ共和国2勝3敗、韓国1勝3敗、メキシコ1勝4敗

プレースメントラウンド3日目

日本 対 イタリア  18-0 (4回) スコア
チェコ 対 南アフリカ  6-0 スコア

プレースメントラウンド最終順位7位日本、 8位 パナマ、 9位チェコ、10位イタリア、 11位南アフリカ

チャイニーズタイペイ対韓国 3対2

チャイニーズタイペイは韓国に逆転勝利し、日曜日のドミニカ共和国との銅メダル決定戦への進出を決めた。

1回表、Woochan Jung (ショート)が先発Pin Han Gaoからレフトへの本塁打を放ち、韓国がチャイニーズタイペイに2対0で先制リード。

1回裏、チャイニーズタイペイがEn Che(二塁手)の本塁打で逆転。韓国先発のSeungwoo Anにとって初の被安打。

3回裏、Po Yuan Chuanが満塁から二塁打、2点を返し再び逆転。

最後にShao Hsian Chiengが三者凡退でさばきチャイニーズタイペイの勝利で終わった。

もっと読む

アメリカ対ベネズエラ 12対7

アメリカはベネズエラに12対7で勝利し、日曜日の決勝進出を決めた。

Jonah Sakenがベネズエラ先発のJosé Loboの3球目を捉えて本塁打。

Antohony Fraustoがソロ本塁打を加える。

Dylan Mercadoが二死からの本塁打。アメリカが1回4対0でリード。

ベネズエラはHibiki Suzukiに猛攻をかけ、Ayverson Torrealbが3点本塁打を放って同点に。

その裏、アメリカのJames Stroutが2点タイムリーを放ち勝ち越す。

Daniel Perez が救援に立ったMajor Ciersを本塁打で迎え6対5にリード。

4回裏、Trent O'Malley (右翼手)の二塁打とAnthony Ramon Carlin(センター)のタイムリーでアメリカは8対5にリードを開いた。

Jordan LeonとDaniel Perezが本塁打を加え、12対7で終わった。

もっと読む

ドミニカ共和国対メキシコ 9対2

ドミニカ共和国はメキシコ投手陣の制球難を最大限に利用し、スーパーラウンド最終戦9対2で勝利し、2勝3敗とした。

ドミニカ共和国はヒットを打たずに1点目を入れる。

Alfredo Magana(ショート)がドミニカ共和国の先発Cesar Altagraciaからレフトへのヒットを飛ばし、1回裏同点に。

3回表、ドミニカ共和国はリリーフJason Perezから逆転ラン。

救援に立ったLeonardo Garza も2安打と1四球を許し、わずか1アウトしか取れずにマウンドを降りた。

試合序盤に3つのエラーを犯したが、ドミニカ共和国は守備のファインプレーが見られた。

5回表メキシコはSterlin de Los Santos(ショート)とMarlon Polanco(レフト)のヒットでリードを伸ばした。

6回ドミニカ共和国は Miguel Collado(捕手)のタイムリーで勝利を確実にした。

もっと読む