WBSCが2021–2029年のベースボール5ワールドカップ 大会日程を発表

WBSCが2021–2029年のベースボール5ワールドカップ 大会日程を発表
26/02/2021
ベースボール5ワールドカップは偶数年でベースボール5ワールドカップ、奇数年でユースベースボール5ワールドカップ(14歳から18歳部門)を実施する。

世界野球ソフトボール連盟は今日、2021年から2029年までのWBSCベースボール5ワールドカップの日程を発表した。

WBSC執行役員会は2020年12月20日の会議でベースボール5ワールドカップを2022年に実施することを決定した。2022年新設WBSCベースボール5ワールドカップの予選大会は2021年から始まる。

関連情報
- ベースボール5ワールドカップ2021-2029 概要
- ベースボールファイブワールドカップ日程 PDF

- 野球ワールドカップ 2021-2029 概要
- 野球ワールドカップ2021-2029日程 PDF
- 野球 新しい大会形式について

- ソフトボールワールドカップ2021-2029概要
- ソフトボールワールドカップ2021-2029日程 PDF
- ソフトボール  新たな大会形式について

ベースボール5ワールドカップは偶数年でベースボール5ワールドカップ、奇数年でユースベースボール5ワールドカップ(14歳から18歳部門)を実施する。これらの大会は2年ごとに実施。

第1回ベースボール5ワールドカップはもともと2020年に行われる予定だったが、COVID-19パンデミックの影響で延期された。2019ヨーロッパ選手権大会で勝利したフランスとリトアニアが、新設ベースボール5ワールドカップへの出場権を獲得した。

第1回ユースベースボール5ワールドカップは2023年に実施予定。大陸予選は2022年から始まる。

2025年のユースベースボールワールドカップは2026年にアフリカのダカールで行われる次のユースオリンピック競技会の予選を兼ねる。

関連記事
WBSCが2021年から2029年までのユース・女子野球ワールドカップ日程を発表 大会フォーマットも変更
WBSCが新たなソフトボールワールドカップ大会形式と2021年から2029年までの大会日程を発表
- WBSC執行役員会が新設ベースボール5ワールドカップ開催を決定
- ベースボール5ヨーロッパ選手権フランス、リトアニアがベースボール5ワールドカップに出場
- ベースボール5のユースオリンピック初実施が2022から2026年に延期
- 2020年レビュー ベースボール5が新たな市場を開拓