WBSCパラリンピック委員会はタンザニアで視覚障碍者セミナーのために野球を開催

WBSCパラリンピック委員会はタンザニアで視覚障碍者セミナーのために野球を開催
13/04/2021
.国内連盟は、 Dar Es Saalam 教育大学と覚書を交わし、すでに入門コースを開講した。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)パラリンピック委員会は、タンザニア野球ソフトボール協会(TaBSA)およびDar Es Saalam 教育大学(DUCE)と協力し、今月後半に予定されている視覚障碍者野球セミナーを開催する。
h.

TaBSAとDUCEは、学生に視覚障害者のための野球を紹介することを目的として、この2月に覚書に署名した。TaBSAは続けて、野球、ソフトボール、ベースボール5の入門コースを行なった。

DUCEの学生への視覚障害者のための野球の導入は、TaBSAの5ヶ年長期計画2021-2026の一部だ。

関連記事

- 視覚障碍者のための野球がタンザニアの教育大学に導入

- Field renovation project backed by WBSC completed in Tanzania

-アフリカ タンザニアで野球ソフトボールが発展

- 2026 ユースオリンピックに向けてタンザニアがベースボール5プロジェクトを開始


TaBSAが国内でゲームを成長させるために取り組んでいるその他の発展計画には、WBSC発展振興委員会の支援を受けた首都Dar Es Salaamの野球場の改修も含まれる。