韓国シリーズの開幕戦はWBSCプレミア12の選手が勢揃い

韓国シリーズの開幕戦はWBSCプレミア12の選手が勢揃い
17/11/2020
最終シリーズはソウルの高尺スカイドームで全て行われる。

2020年韓国シリーズの1戦目の斗山ベアーズとNCダイノスのスターティングライナップは、WBSCプレミア12の2大会との強いつながりがあった。

前回優勝チームの斗山ベアーズには、2019年大会で準優勝を果たした韓国代表メンバー3名の選手がいる。外野手Kim Jae Hwan選手は、7試合中6試合を指名打者として先発出場した。 Park Kunwoo選手は、4人目の外野手、とPark Sei Hyok選手は一塁をカバーするバックアップキャッチャーだった。
スター遊撃手 Kim Jaeho選手は、遊撃手レギュラーとして韓国が初のプレミア12をとして獲得するのを助けた。

斗山ベアーズは、第一試合のDH(指名打者)としてキューバのホセミゲルフェルナンデスを起用した。キューバのセリエナシオナルでマタンサスでの2,580打席で113回しか三振を出さなかったコンタクトヒッターは、2013年ワールドベースボールクラシックで彼の国を代表し、 2017年、ロサンゼルスエンゼルスとマイナーリーグ野球(MiLB)契約を交わした際にアメリカに移住。2018年からは韓国でプレーしている。

ラインナップのもう一人の外国人は、2020年にトップのKBO投手(崔東原賞)を受賞したドミニカ共和国の先発投手Raul Alcantara(ラウル・アルカンタラ)選手だ。

NCダイノスは2019年WBSCプレミア12の韓国のキープレーヤーだった2人をラインナップに入れている:二塁手 Park Min Woo 選手と捕手のYang Euji選手だ。Yang選手は、2015年にナンバーワンの捕手として韓国が勝利するのに貢献した。ライトのNa Sung Bum (羅成範)選手は二つの試合でプレーし、Premier12の初回の試合でも少なくとも1試合おきにプレーしていた。

ドイツ生まれのアメリカ人、Aaron Altherr選手は、ディノスの内野手。彼は2013年ワールドベースボールクラシックの予選でドイツを代表した。また、メジャーリーグベースボール(MLB)のフィラデルフィアフィリーズ、サンフランシスコジャイアンツ、ニューヨークメッツでプレーしている。ラインナップの他の外国人は、メジャーリーグベースボール(MLB)のロサンゼルスエンゼルス、ミネソタツインズ、マイアミマーリンズでプレーした19試合勝利の先発投手Drew Rucinski選手だ。

Na選手(34、112)、Euji選手(33、124)、Altherr選手(31、108)はすべて、144試合のレギュラーシーズンに30本以上のホームランと100打点を記録している。

斗山ベアーズはその後、OB(Oriental Brewery)Bearsと名付けられ、1982年に韓国シリーズの初回で優勝した。それ以来、2015年から3回、合計6回の優勝している。

NCダイノスは2013年に加入したチームで、韓国シリーズではまだ優勝したことがない。彼らは2016年の最終シリーズで斗山ベアーズに負けている。ダイノスはレギュラーシーズンの最高記録を記録し、斗山ベアーズと対戦した16試合のうち9試合で勝利している。

韓国シリーズ2020全試合が、第2回プレミア12のグループCの開催地であるソウルの高尺スカイドームで行われる。
ディノスは第1戦を5対3で勝利。第2戦は11月18日に予定されている。第3戦は11月20日、第4戦は11月21日だ。最終的な第5、第6、および第7戦は、11月23、24、および25日に予定されている。